vCenter Server と他の vCenter コンポーネントを個別にアップグレードすることで、各コンポーネントの場所と構成をカスタマイズできます。

始める前に

このタスクについて

この手順では、vCenter Server バージョン 5.0.x およびそれ以前をアップグレードし、vCenter Single Sign-On はその中に含まれません。vCenter Server 5.1.x をアップグレードする場合は、次の手順のいずれかを参照してください。

大半のスタンドアロン vCenter Single Sign-On デプロイで、すべてのコンポーネントが同じホスト マシン上にある場合は、[vCenter Server Simple Install] オプションを使用して、vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、Inventory Service、および vCenter Server をあわせて単一のホスト マシン上にアップグレードできます。

Simple Install を使用した vCenter Server と必須コンポーネントのアップグレードを参照してください。

注:

IP アドレスが IPv4 に準拠している場合のみ、vCenter Server 5.5 は vCenter Server と vCenter Server コンポーネント間の IP アドレスによる接続をサポートします。IPv6 環境で vCenter Server システムに接続するには、vCenter Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用する必要があります。ベスト プラクティスは、IP アドレス(DHCP によって割り当てられた場合に変わる可能性がある)の代わりに FQDN(すべてのケースで機能する)を使用することです。