vCenter Server へのアップグレード後は、アップグレード後のオプションと要件を検討してください。

  • データベースのアップグレード ログを表示するには、%TEMP%\VCDatabaseUpgrade.log を開きます。

  • vSphere Update Manager など、vCenter Server のそのインスタンスにリンクされている追加モジュールをアップグレードします。

  • ライセンス ポータルにアクセスするには、当社の Web サイトでアカウント ページにログインします。ライセンス ポータルで、vCenter Server ライセンスをアップグレードします。vSphere Web Client を使用して、アップグレードしたライセンス キーを vCenter Server ホストに割り当てます。

  • Oracle データベースでは、Oracle JDBC Driver(ojdbc14.jar または ojdbc5.jar)を [VMware vCenter Server]\tomcat\lib フォルダにコピーします。

  • SQL Server データベースでは、アップグレードのバルク ログが有効な場合はアップグレードの完了後に無効にします。

  • 任意で、vCenter Server システムをリンク モード グループに参加させます。

  • 任意で、vCenter Server インベントリの ESXi または ESX ホストを、vCenter Server のアップグレード先のバージョンと同じバージョンにアップグレードまたは移行します。

  • SSL 証明書のチェックが有効になっていない場合は、すべての vSphere HA クラスタに対してこれを有効にします。SSL 証明書のチェックは、ホスト上の HA を構成するのに必要です。vCenter Server で 管理 > vCenter Server 設定 > SSL 設定 > vCenter には検証済みのホスト SSL 証明書が必要です を選択します。各ホストの SSL 証明書を確認するための手順に従い、OK をクリックします。必要に応じて、ホスト上の HA を再構成します。