vCenter Server をアップグレードする際は、この操作を正常に実行するため、ベスト プラクティスのプロセスを理解し、それに従う必要があります。

アップグレードを正常に完了するには、次のベスト プラクティスに従います。

  1. vCenter Server のアップグレード プロセス、そのプロセスが既存の導入環境に与える影響、およびアップグレードに必要な準備事項を理解していることを確認します。

  2. システムをアップグレードに備えます。

    • 使用中のシステムが、アップグレード後の vCenter Server バージョンの要件を満たしていることを確認します。システム要件 および VMware 製品の相互運用性マトリックス (http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php) を参照してください。

    • 既存のデータベースが、アップグレード後の vCenter Server バージョンでサポートされていることを確認します。VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。 http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php

    • vCenter Server データベースの準備が整っており、権限が正しく設定されていることを確認します。vCenter Server データベース準備の詳細については、『vSphere Installation and Setup』 (英語版) ドキュメントを参照してください。

    • アップグレードの前提条件を確認します。vCenter Server アップグレードの前提条件を参照してください。

  3. vCenter Server データベースと SSL 証明書をバックアップします。

    • vCenter Server データベースと vCenter Inventory Service データベースのフル バックアップを作成してください。vCenter Server データベースの場合は、ご使用の vCenter Server データベース タイプのベンダー ドキュメントを参照してください。Inventory Service データベースの場合は、『vSphere Installation and Setup』(英語版) ドキュメントのトピック「Back Up the Inventory Service Database on Windows」および「Back Up the Inventory Service Database on Linux」を参照してください。

    • vCenter Server システムの SSL 証明書をバックアップしてから、vCenter Server 5.5 にアップグレードします。SSL 証明書のデフォルトの場所は、%allusersprofile%\VMware\VMware VirtualCenter です。。

  4. VMware VirtualCenter Server サービスを停止します。

  5. vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker を実行し、問題があれば解決します。vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker の実行を参照してください。

  6. vCenter Server で使用されているポートと競合するプロセスが実行されていないことを確認します。vCenter Server に必要なポートを参照してください。

  7. vCenter Server および必要なコンポーネントをアップグレードします。

    以下の手順の中から、既存の vCenter Server 導入環境に該当するものを参照してください。

  8. 新しい vSphere 5.5 ライセンスを構成します。

  9. アップグレード後に実行する必要のある操作およびオプションについては、vCenter Server をアップグレードした後に行う作業 のトピックを確認してください。