アップグレード プロセスは、いくつかの要因に基づいて異なります。開始する前に、完全なアップグレード、vCenter Single Sign-On のセットアップ、および権限の割り当てプロセスについて理解しておいてください。このトピックでは、vCenter Single Sign-On の以前のバージョンを含む vSphere 5.1.x をアップグレードする場合の、アップグレードとユーザー管理の実行方法について説明します。

vSphere 5.1x からアップグレードを行う場合、元の環境には vCenter Single Sign-On サーバが含まれています。次の図に示すように、アップグレードの実行方法、ID ソースの追加や権限の割り当てが必要かどうかは、現在の環境と目的に応じて異なります。

注:

このトピックでは、最もよく使用されるアップグレードの事例を中心に説明します。vCenter Single Sign-On の高可用性デプロイを含むインストールのアップグレードについては説明しません。カスタム インストールを使用したバージョン 5.1.x 高可用性 vCenter Single Sign-On デプロイからの vCenter Server のアップグレード を参照してください。

図 1. vCenter Single Sign-On を含む環境からの vCenter のアップグレードのフローチャート
このフローチャートは、vCenter Single Sign-On を含む環境のアップグレード プロセスを示します。下記のテキストには、判断ポイントとアクションが反映されています。

やりとりは、次のように行われます。

  1. 現在の環境が複数の異なるマシンの (おそらくは) 異なる場所にインストールされている場合は、インストール先環境で同じレイアウトを使用するのが最も簡単です。

    vSphere 5.5 では、複数の vCenter Server システムで単一の vCenter Single Sign-On システムを使用できます。

  2. すべての vCenter Server コンポーネントが同じホスト マシンに配置されている場合は、Simple Install を使用してアップグレードできます。Simple Install を使用した vCenter Server と必須コンポーネントのアップグレード を参照してください。Simple Install のプロセスを使用してアップグレードすると、ローカル オペレーティング システム ユーザーと administrator@vsphere.local ユーザーが認証を実行できます。

    • 環境でローカル オペレーティング システム ユーザーのみを使用していた場合は、localos の ID ソースだけで十分です。administrator@vsphere.local または以前に権限を持っていたローカル オペレーティング システム ユーザーとして vCenter Server にログインできます。

      注:

      組み込みグループ内のローカル オペレーティング システム ユーザーは使用できなくなります。これらのグループは明示的に追加できます。

    • 環境で Active Directory または OpenLDAP の ID ソースを使用していた場合は、これらの ID ソースはアップグレード後に vCenter Single Sign-On に組み込まれますが、デフォルトの ID ソースとして使用されません。手順 3 に進みます。

  3. 環境で Active Directory または OpenLDAP の ID ソースを使用していた場合は、次のことを実行できます。

    • デフォルトの ID ソース (デフォルトでは localos) のユーザーは、以前に vCenter Server にログインできる権限を持っていた場合は、同様にログインできます。

    • 他の ID ソースのユーザーは、ドメイン名とパスワードを使用すると (例: DOMAIN1\user1)、vCenter Server にログインできます。

    • administrator@vsphere.local として vCenter Single Sign-On にログインし、Active Directory または OpenLDAP の ID ソースをデフォルトの ID ソースにすることができます。