既存の高可用性 vCenter Single Sign-On インストールに追加 vCenter Single Sing-On ノードをアップグレードします。

始める前に

このマルチタスク トピック カスタム インストールを使用したバージョン 5.1.x 高可用性 vCenter Single Sign-On デプロイからの vCenter Server のアップグレード に記載されている手順を参照してください。

手順

  1. ソフトウェアのインストール ディレクトリで autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  2. カスタム インストールで、vCenter Single Sign-On を選択して インストール をクリックします。
  3. インストール ウィザードに表示される指示に従って、インストーラの言語を選択し、エンド ユーザー特許協約およびエンド ユーザー使用許諾契約に同意します。
  4. vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワードを入力します。
  5. vCenter Single Sign-On 用の HTTPS ポートを承諾または変更します。
  6. デプロイ モード 既存のドメインの追加サーバ を選択します。
  7. この追加ノードを最初の vCenter Single Sign-On サーバにポイントするための情報を入力します。
    注:

    プライマリ ノードが高可用性クラスタの場合、プライマリ ノードのロード バランサのアドレスを入力します。

    1. パートナー ホスト名を入力します。

      このパートナー ホスト名は、レプリケート元となる既存の vCenter Single Sign-On サーバの IP アドレスまたは DNS 名です。

    2. 既存の vCenter Single Sign-On サーバの vCenter Single Sign-On 管理者アカウント (administrator@vsphere.local) のパスワードを入力します。
  8. パートナーとして既存のサイトを選択するか、新しいサイトを入力します。
  9. Intstall をクリックします。