カスタム インストールを使用して、vCenter Single Sign-On、vCenter Inventory Service、および vCenter Server を別々にして、それらのコンポーネントの場所および構成をカスタマイズできます。

始める前に

このタスクについて

これらの指示に従って vCenter Inventory Service のみをアップグレードします。Inventory Service と vCenter Server をアップグレードする前に、vCenter Single Sign-On をインストールまたはアップグレードする必要があります。

注:

IP アドレスが IPv4 に準拠している場合のみ、vCenter Server 5.5 は vCenter Server と vCenter Server コンポーネント間の IP アドレスによる接続をサポートします。IPv6 環境で vCenter Server システムに接続するには、vCenter Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用する必要があります。ベスト プラクティスは、IP アドレス(DHCP によって割り当てられた場合に変わる可能性がある)の代わりに FQDN(すべてのケースで機能する)を使用することです。

手順

  1. ソフトウェアのインストール ディレクトリで autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  2. vCenter Inventory Service を選択して、インストール をクリックします。
  3. インストール ウィザードに表示される指示に従って、インストーラの言語を選択し、エンド ユーザー特許協約およびエンド ユーザー使用許諾契約に同意します。
  4. Inventory Service の既存インスタンスをアップグレードまたは再インストールする場合は、既存のデータベースを残すか、新しい空のデータベースで置き換えるかを選択します。
  5. インストール をクリックします。

タスクの結果

Inventory Service がアップグレードされます。