アップグレード プロセスでは、ESX ホスト構成の内容ができるかぎり保たれます。しかし、ESX 4.x と ESXi 5.x のアーキテクチャ上の違いにより、ESXi のインストール ウィザードまたはアップグレード ウィザードで 移行 オプションを選択しても、多くの構成ファイルは移行できません。

/etc/vmware/esx.conf などの VMware 関連ファイルは移行されますが、サードパーティのエージェントやスクリプトなど、既存の多くの設定は移行できません。

注:

4.x ホストがサードパーティ製の VIB やドライバなどでカスタマイズされている場合、標準の VMware インストーラ ISO を使用してアップグレードすると、それらのカスタマイズが失われ、システムが不安定になることがあります。その場合は、ESXi Image Builder CLI を使用して、該当する VIB やドライバなどが含まれたカスタムの ESXi インストーラ ISO ファイルを作成します。Image Builder については、『vSphere のインストールとセットアップ』 を参照してください。

表 1. ESXi への移行またはアップグレード中に移行されるファイル

移行されるファイル

コメント

/etc/sfcb/sfcb.cfg

移行されます。

/var/lib/sfcb/registration/repository/root/interop/*

移行されます。

/etc/logrotate.conf

移行されません。ESXi のログ ローテーションは以前のバージョンと互換性がありません。

/etc/localtime

移行されません。タイムゾーンは ESXi ではサポートされません。

/etc/ntp.conf

移行されます。

/etc/ntp.drift

移行されます。

/etc/ntp.keys

移行されます。

/etc/syslog.conf

ESXi の場合は移行されますが、ESX の場合は移行されません。

/etc/security/access.conf

移行されます。PAM 構成に必要です。

/etc/security/login.map

/etc/sysconfig/network

移行されます。サービス コンソールの仮想 NIC (vswifs) は ESXi 仮想 NIC に変換されます。(vmks)

/etc/sysconfig/ntp

移行されません。

/etc/sysconfig/xinetd

移行されません。

/etc/sysconfig/console/*

移行されません。

/etc/sysconfig/i18n

移行されません。i18n は ESXi ではサポートされません。

/etc/sysconfig/clock

移行されません。タイムゾーンは ESXi ではサポートされません。

/etc/sysconfig/crond

移行されません。

/etc/sysconfig/syslog

移行されません。syslog デーモンは以前のバージョンと互換性がありません。

/etc/sysconfig/keyboard

移行されます。サポートされていないエントリはデフォルトで英語に設定されます。

/etc/sysconfig/mouse

移行されません。ESXi ではマウスはサポートされません。

/etc/sysconfig/static-routes

移行されます。

/etc/sysconfig/static-routes-ipv6

移行されます。

/etc/sysconfig/network-scripts/route-$device

移行されます。

/etc/ssh

移行されません。ESXi 5.x へのアップグレードまたは移行によって影響を受ける SSH 構成 を参照してください。

/etc/nsswitch.conf

移行されます。さまざまな構成で一般的に使用されますが、Active Directory 認証で最も役立ちます。

/etc/yp.conf

移行されません。NIS は ESXi ではサポートされません。

/etc/krb.conf

Likewise で Active Directory をサポートするのに必要です。

/etc/krb.realms

/etc/krb5.conf

/etc/krb5.acl

/etc/krb5.keytab

/etc/krb5.log

/etc/krb5.mkey

/etc/login.defs

移行されません。このファイルは、maildir、パスワード エージング コントロール、uid と gid の最小値/最大値の設定、ユーザー削除コマンドなどの設定を制御します。

/etc/pam.d/*

部分的に移行されます。認証と認可に必要です。

注:

ESX 4.x の /etc/pam.d/system-auth 内にある設定に加えられたカスタムの編集内容は、ESXi 5.x にアップグレードすることで、デフォルト値にリセットされます。カスタム値を維持するには、アップグレード後に手動でリセットします。

/etc/hosts.allow

移行されません。

/etc/hosts.deny

移行されません。

/etc/ldap.conf

移行されません。LDAP は ESXi ではサポートされません。

/etc/openldap

/etc/sudoers

移行されません。SUDO は ESXi ではサポートされません。

/etc/snmp/snmpd.conf

/etc/vmware/snmp.xml に移行されます。

/usr/local/etc/

移行されません。

/etc/rc.d/rc*.d/*

移行されません。ESX と ESXi の rc.d スクリプトの間には互換性がありません。

/etc/xinetd.conf

移行されません。xinetd は ESXi ではサポートされません。

/etc/motd

移行されます。システムが ESX 5.x にアップグレードされたことを示すメモが付加されます。

/etc/likewise/*

移行されます。Likewise 構成のために使用されます。

/etc/vmware/vmkiscsid/*

移行されます。

etc/vmware/init/*

移行されません。Init スクリプトは互換性がありません。

/etc/vmware/esx.conf

移行されます。

/etc/vmware/pci*

移行されません。

/etc/vmware/simple.map

移行されません。新しい simple.map ファイルが生成されます。

/etc/vmware/license.cfg

移行されません。アップグレード時に評価モード タイマーがリセットされます。

/etc/vmware/vmware.lic

移行されません。ESXi 5.x のアップグレードは評価モードにリセットされます。

/etc/vmware/hostd/*

移行されます。

/etc/vmware/hostd/config.xml

移行されません。このファイルは、現在 ESXi との互換性がありません。

/etc/vmware/hostd/proxy.xml

移行されません。このファイルは、現在 ESXi との互換性がありません。

/etc/vmware/vmauth/authentication.conf

移行されます。Likewise 構成のために使用されます。

/etc/vmware/vmauth/provider.xml

/etc/hosts

移行されます。

/etc/resolv.conf

移行されます。

/usr/lib/vmware

移行されません。

/etc/fstab

部分的に移行されます。NFS エントリのみが ESXi に移行されます。

/etc/passwd

部分的に移行されます。root ユーザー パスワードのみが保存されます (可能な場合)。

/etc/shadow

/etc/groups

移行されません。