vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker で生成されるレポートには、vCenter Host Agent ソフトウェアの正常なアップグレードを妨げる可能性がある既知の問題が示されます。

vCenter Server 5.x へのアップグレードを正常に実行するには、管理対象の ESX/ESXi ホストにある潜在的な問題をすべて診断して修正する必要があります。vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker は、vCenter Server 4.x から vCenter Server 5.x へのインプレース アップグレードの場合に実行できます。

vCenter Host Agent は管理対象のすべての ESX/ESXi ホストで実行されます。このソフトウェアは、vCenter Server から受信したアクションを調整します。vCenter Server にホストを追加すると、物理 ESX/ESXi ホストにエージェントがインストールされます。vCenter Server 5.x にアップグレードするときは、各 ESX/ESXi ホスト上にあるエージェントもアップグレードする必要があります。

vCenter Server のアップグレード中に、既存のエージェント ソフトウェアがアンインストールされ、代わりに更新されたエージェント ソフトウェアがインストールされます。アップグレードに失敗した場合は、更新されたエージェント ソフトウェアがインストールされず、vCenter Server 4.x または 5.x からホストにアクセスできなくなる可能性があります。このような状況を避けるため、vCenter Server 5.x へのアップグレードを行う前に、vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker を実行できます。

vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker は、エージェント ソフトウェアがアップグレード可能かどうかを確認します。このチェックでは、ホストがアクセス可能であること、ディスク容量が十分であること、ネットワークが機能していること、ファイル システムに問題がないこと、必要なパッチが適用されていることなどが確認されます。ツールを実行するたびに、システムが VMware.com に照会を行い、ツールの新しいアップデートがあればダウンロードします。この動作によって、新しいアップグレード上の問題が発見されても、ツールの有用性が可能なかぎり保たれます。

重要:

vCenter Host Agent アップグレード前チェックが成功しても、vCenter Server 5.x へのアップグレードの成功が保証されるわけではありません。vCenter Server へのアップグレードには複数のコンポーネントが関係しますが、ツールは、 vCenter Host Agent という 1 つのコンポーネントのみをチェックします。また、ツールは既知の問題のみをチェックします。その他の問題はツールでチェックされていないものとして表示されます。

vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker は、レポートされた問題の修正は行いません。レポートされた問題を手動で解決し、ツールを再実行して、その問題が解決したことを確認する必要があります。

vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker の実行手順については、vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker の実行 を参照してください。