VIMPatch ISO ファイルを使用すると、JRE サーバに応じて、すべての vCenter Server コンポーネントの Java バージョンを個別に更新できます。このパッチを使用して vCenter Server tc Server をアップグレードすることもできます。

始める前に

  • 弊社のダウンロード ページ (https://my.vmware.com/web/vmware/downloads) から Java コンポーネント パッチをダウンロードします。名前の形式は、VMware-VIMPatch-5.5.0-build_number-YYYYMMDD.iso です。

  • パッチを適用するとすべてのサービスが停止するため、vCenter Server コンポーネント操作を停止します。

このタスクについて

次の vCenter Server コンポーネントは Java に依存します。

  • vCenter Single Sign-On

  • vCenter Inventory Service

  • vCenter Server

  • vSphere Web Client

  • vCenter Orchestrator

vCenter Server コンポーネントを再インストールせずにパッチを適用できます。パッチを使用して JRE と vCenter Server tc Server を更新します。

vCenter Server tc Server がシステムに存在し、各 vCenter Server コンポーネントがインストールされている場合は、この手順で vCenter Server tc Server バージョンもアップグレードされます。

手順

  1. vCenter Server コンポーネントがインストールされているシステムに、VMware-VIMPatch-5.5.0-build_number-YYYYMMDD.iso をマウントします。
  2. ISO_mount_directory/autorun.exe をダブルクリックします。

    vCenter Server Java コンポーネントの更新ウィザードを開きます。

  3. すべてをパッチ をクリックします。

    パッチは、Java コンポーネントが最新かどうかをチェックし、必要に応じてサイレントでアップグレードします。

    vCenter Server tc Server がシステムに存在する場合は、このサーバもアップグレードされます。