URL を指定してアクセスできるソフトウェア デポかオフラインの ZIP デポに格納されているイメージ プロファイルを使用して、ホストをアップグレードまたは更新できます。

始める前に

  • vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

  • 更新するためにホストをメンテナンス モードにする必要があるか、それとも再起動する必要があるかを確認します。必要に応じ、ホストをメンテナンス モードにします。

    更新するためにホストをメンテナンス モードにする必要があるか、再起動する必要があるかの確認 を参照してください。ホストをメンテナンス モードに切り替える を参照してください。

  • 更新時に再起動が必要な場合、ホストが VMware HA クラスタに属しているときは、クラスタからホストを削除するか、クラスタで HA を無効にします。

このタスクについて

コマンド esxcli software profile update または esxcli software profile install を使用して、ESXi ホストをアップグレードまたは更新できます。アップグレードと更新の違いを理解するには、vSphere のアップグレードとアップデートの違い を参照してください。

ホストをアップグレードまたは更新する場合は、コマンド esxcli software profile update または esxcli software profile install により、最新バージョン(メジャーまたはマイナー)のすべてのイメージ プロファイルをホストに適用します。この操作と再起動の後、ホストは同じ最新バージョンの vCenter Server 環境に参加できます。

コマンド esxcli software profile update により、ISO インストーラを使用して、ESXi ホスト イメージの内容全体を、対応するアップグレード方法と同じレベルに引き上げます。潜在的な問題を検出するために、ISO インストーラでアップグレード前チェックが実行されますが、esxcli アップグレード方法では実行されません。ISO インストーラはホストをチェックして、ホストにアップグレードのための十分なメモリがあるか、サポート対象外のデバイスが接続されていないかどうかを確認します。ISO インストーラおよびその他の ESXi アップグレード方法の詳細については、ESXi 5.5 のアップグレード オプション を参照してください。

重要:

VMware 提供のデポで、zip バンドルから ESXi をアップグレードまたは更新する場合、VMware Web サイトからオンライン、またはローカルにダウンロードされ、VMware は更新コマンド esxcli software profile update --depot=depot_location --profile=profile_name のみをサポートします。

手順中、--server=server_name を使用して接続先サーバーを指定すると、指定されたサーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照するか、vCLI コマンド プロンプトで esxcli --help を実行します。

注:

update コマンドおよび install コマンドのオプションを使用して、ドライ ラン、特定の VIB の指定、許容レベル検証のバイパスなどを行うことができます。本番稼働システムでは検証をバイパスしないでください。『vSphere コマンドライン インターフェイスの参照』を参照してください。

手順

  1. ホストにどの VIB がインストールされているか確認します。

    esxcli --server=server_name software vib list

  2. デポで使用できるイメージ プロファイルを判断します。

    esxcli --server=server_name software sources profile list --depot=http://webserver/depot_name

    --proxy 引数を使用して、プロキシ サーバを指定することができます。

  3. 既存のイメージ プロファイルを更新して、VIB を含めるか、新しい VIB をインストールします。
    重要:

    software profile update コマンドでは、指定したプロファイルの対応する VIB を使用して既存の VIB を更新しますが、ターゲット サーバ上にインストールされているほかの VIB には影響を与えません。software profile install コマンドでは、デポのイメージ プロファイル内にある VIB をインストールし、ターゲット サーバ上にインストールされているその他すべての VIB を削除します。

    オプション

    説明

    VMware Web サイトからオンラインでアクセス可能か、ローカル デポへダウンロードできる、デポの VMware 提供の zip バンドルからのイメージ プロファイルをアップデートします。

    esxcli software profile update --depot=depot_location --profile=profile_name

    重要:

    VMware が提供する zip バンドルに対して、VMware がサポートする唯一のアップデート方法です。

    VMware 提供の zip バンドル名は、次の形式になります。VMware-ESXi-5.5.x-build_number-depot.zip

    VMware 提供の zip バンドルのプロファイル名は、次のうちの 1 つの形式をとります。

    • ESXi-5.5.x-build_number-standard

    • ESXi-5.5.x-build_number-notools(VMware Tools は含まず)

    URL を指定してアクセスできるデポから、イメージ プロファイルを更新

    esxcli --server=server_name software profile update --depot=http://webserver/depot_name --profile=profile_name

    ターゲット サーバ上にローカルに格納されている ZIP ファイルから、イメージ プロファイルを更新

    esxcli --server=server_name software profile update --depot=file:///<path_to_profile_ZIP_file>/<profile_ZIP_file> --profile=profile_name

    ターゲット サーバ上の、データストアにコピーされた ZIP ファイルから、イメージ プロファイルを更新

    esxcli --server=server_name software profile update --depot=“[datastore_name]profile_ZIP_file" --profile=profile_name

    ローカルにコピーされ、ターゲット サーバに適用された ZIP ファイルから、イメージ プロファイルを更新

    esxcli --server=server_name software profile update --depot=/root_dir/path_to_profile_ZIP_file/profile_ZIP_file --profile=profile_name

    URL を指定してアクセスできる指定されたプロファイル内に、すべての新しい VIB をインストール

    esxcli --server=server_name software profile install --depot=http://webserver/depot_name --profile=profile_name

    ターゲット上にローカルに格納されている ZIP ファイルから、指定したプロファイル内にすべての新しい VIB をインストール

    esxcli --server=server_name software profile install --depot=file:///<path_to_profile_ZIP_file>/<profile_ZIP_file> --profile=profile_name

    ターゲット サーバ上の、データストアにコピーされた ZIP ファイルから、すべての新しい VIB をインストール

    esxcli --server=server_name software profile install --depot=“[datastore_name]profile_ZIP_file" --profile=profile_name

    ローカルにコピーされ、ターゲット サーバに適用された ZIP ファイルから、すべての新しい VIB をインストール

    esxcli --server=server_name software profile install --depot=/root_dir/path_to_profile_ZIP_file/profile_ZIP_file --profile=profile_name

    注:

    update コマンドおよび install コマンドのオプションを使用して、ドライ ラン、特定の VIB の指定、許容レベル検証のバイパスなどを行うことができます。本番稼働システムでは検証をバイパスしないでください。『vSphere コマンドライン インターフェイスの参照』を参照してください。

  4. VIB が ESXi ホストにインストールされていることを確認します。

    esxcli --server=server_name software vib list