vSphere 5.x は、vSphere 4.x からのメジャー アップグレードです。

vSphere のインストールおよび設定に影響を与える vSphere 4.x からの変更点は次のとおりです。vSphere 5.x のすべての新機能については、バージョン 5.x のリリース ノートを参照してください。

サービス コンソールの削除

ESXi にはサービス コンソールがありません。サービス コンソールで実行した作業の大部分は、ESXi Shell の esxcli コマンド、vCLI コマンド、および VMware PowerCLI コマンドを使用して実行できます。vSphere 5.0 でサービス コンソール ユーザーに向けて Command-Line Management およびGetting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。

ESXi には装備されていないグラフィック インストーラ

グラフィック インストーラは、ESXi には含まれていないサービス コンソールを使用します。ESXi では、テキスト ベースのインストーラが維持されています。

vSphere Auto Deploy および vSphere ESXi Image Builder CLI

ESXi 5.0 より前のESXi は、各 ESXi ホストの物理ディスクにインストールされました。ESXi 5.x では、vSphere Auto Deploy を使用して ESXi イメージをメモリに直接読み込むことができます。vCenter Server を使用して多数の ESXi ホストを効率的にプロビジョニングおよび再プロビジョニングし、イメージ プロファイルを使用して ESXi のアップデートおよびパッチ適用を管理できます。ネットワークまたはストレージ設定などのホスト構成をホスト プロファイルとして保存し、Auto Deploy を使用してそれをホストに適用できます。ESXi Image Builder CLI を使用すると、アップデート、パッチ、およびドライバで構成されるカスタム セットと共に、ESXi のインストール イメージを作成できます。

vSphere Auto Deploy と ESXi Image Builder PowerCLI の使用の詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』ドキュメントを参照してください。

ESXi のインストールおよびアップグレード プロセスの変更点

ESXi 5.x では、1 つのインストーラ ウィザードを使用して、新規インストールおよびアップグレードを行います。ESXi 5.x では、vSphere Auto Deploy を使用して ESXi をホスト メモリに直接デプロイすることもできます。vihostupdate ユーティリティおよび esxupdate ユーティリティは、ESXi 5.x ではサポートされません。コマンドライン ユーティリティを使用して、ESX または ESXi の以前のバージョンから ESXi 5.x にアップグレードまたは移行することはできません。ESXi 5.x へのアップグレードまたは移行後、vCLI の esxcli コマンドを使用して ESXi 5.x ホストのアップグレードまたはパッチ適用を行うことができます。

重要:

ホストを ESXi 5.x にアップグレードまたは移行したあとは、バージョン 4.x の ESX や ESXi ソフトウェアにロールバックできません。アップグレードや移行を実行する前に、ホストをバックアップします。そうすることで、アップグレードや移行に失敗した場合に、4.x ホストをリストアできます。

ESXi 5.5 のアップグレード オプション を参照してください。

インストーラのキャッシュ

バイナリ イメージを使用してシステムをインストールする代わりに、起動時に使用するすべてのものがシステムにキャッシュされます。このキャッシュによって、負荷のかかっているネットワーク上のインストール ファイルへのアクセスで生じる、インストールの問題が軽減されます。

注:

スクリプトを使用したインストールでは、サーバを PXE 起動してから、ほかの形式のメディアからバイナリ イメージを取得することはできません。

ホスト ディスクのパーティショニング方法の変更

vSphere 5.x で新規にインストールされたすべてのホストは、MSDOS スタイルのパーティション ラベルではなく、GUID パーティション テーブル形式を使用します。この変更によって、2 TB を超えるディスク上での ESXi のインストールが可能になります。

新規にインストールされた vSphere 5.x ホストは、更新バージョンの vSphere 5.x 用 VMware ファイル システムである VMFS5 を使用します。以前のバージョンとは異なり、ESXi 5.x では、2 番目以降のディスクに VMFS パーティションが作成されません。

アップグレード後のシステムでは GUID パーティション テーブル (GPT) は使用されませんが、古い MSDOS ベースのパーティション ラベルは維持されます。

VMware vCenter Server アプライアンス

vCenter Server を Windows マシン上にインストールする代わりに、vSphere 5.x では VMware vCenter Server Appliance を利用できます。vCenter Server アプライアンスは事前に構成された Linux ベースの仮想マシンであり、vCenter Server および関連サービスの実行に最適化されています。

vSphere Web Client

vSphere Web Client は、廃止された vSphere Client の代わりに使用できる、ブラウザ ベースのサーバ アプリケーションです。Web ブラウザを使用して vSphere Web Client に接続し、vCenter Server を介して ESXi ホストを管理することができます。

vCenter Single Sign-On

vSphere バージョン 5.1 以降では、vCenter Server 管理インフラストラクチャの一部として vCenter Single Sign-On が導入されています。この変更は vCenter Server のインストール、アップグレード、および運用に影響します。vCenter Single Sign-On による認証により、Active Directory などのディレクトリ サービスで各コンポーネントがユーザーを個別に認証するのではなく、安全なトークン交換メカニズムを介して vSphere ソフトウェア コンポーネントが互いに通信を行うことを許可することで、VMware クラウド インフラストラクチャ プラットフォームがより安全になります。詳細については、ドキュメントを参照してください。 vCenter Single Sign-On が vCenter Server アップグレードに与える影響