--rebooting-image オプションを指定すると、ホストにインストールされ、次回ホストを再起動したあとでアクティブになる、VIB およびプロファイルがリストされます。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name を使用して接続先サーバーを指定すると、指定されたサーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照するか、vCLI コマンド プロンプトで esxcli --help を実行します。

手順

  1. 次のいずれかのコマンドを入力します。

    オプション

    説明

    VIB の場合

    esxcli --server=server_name software vib list --rebooting-image

    プロファイルの場合

    esxcli --server=server_name software profile get --rebooting-image

  2. 返される出力内容を確認します。

    出力には、次回再起動したあとにアクティブになる ESXi イメージの情報が示されます。再起動が保留中のイメージが作成されていない場合は、出力に何も表示されません。