vCenter Server バージョン 5.1 以降には、vCenter Single Sign-On と vCenter Inventory Service コンポーネントが必要です。既存の vCenter Server インストールによっては、Simple Install オプションを使用して、単一のホスト マシンで vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、および Inventory Service などの vCenter Server にアップグレードできます。

始める前に

vCenter Server アップグレードの前提条件 を参照してください。

このタスクについて

アップグレード対象のバージョン 4.x、5.0.x、または 5.1.x の vCenter Server がインストールされており、アップグレードするインストールのすべての vCenter Server コンポーネントが同じホスト マシン上に存在する場合は、Simple Install を使用して vCenter Server をアップグレードできます。VMware 製品の相互運用性マトリックス(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php)を参照してください。アップグレード前のバージョンによっては、Simple Install オプションによって、Single Sign-On のインストールまたはアップグレードが行われ、vSphere Web Client、Inventory Service、および vCenter Server がアップグレードされます。

あるいは、コンポーネントの場所または構成がカスタマイズされているインストールの場合は、vCenter Server のコンポーネントを別々にアップグレードできます。カスタム インストールを使用した、バージョン 5.1.x vCenter Server のスタンドアロン vCenter Single Sign-On デプロイおよび必須コンポーネントのアップグレードカスタム インストールを使用したバージョン 5.1.x 高可用性 vCenter Single Sign-On デプロイからの vCenter Server のアップグレード、または カスタム インストールを使用した、バージョン 5.1.x のマルチサイト vCenter Single Sign-On デプロイからの vCenter Server のアップグレード を参照してください。

注:

vCenter Server 5.5 からそれ以降の 5.5.x バージョン、たとえばバージョン 5.5.0 から 5.5 Update 1 にアップグレードする場合は、Simple Install を使用できません。このようなアップグレードを試みると、インストーラに次のメッセージが表示されます。「vCenter Package コンポーネントは既にインストールされています。残りのコンポーネントがあればすべて、左側の対応するリンクをクリックしてインストールしてください。」これは、5.5.x バージョンの vCenter Server コンポーネントの一部が既にインストールされており、個別のインストーラを使用して他のコンポーネントすべてのアップグレードを行う必要があることを示しています。vCenter Server 5.5 からそれ移行の 5.5.x バージョンにアップグレードするには、vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、vCenter Inventory Service、vCenter Server の個別のインストーラを使用する必要があります。カスタム インストールを使用した、バージョン 5.1.x vCenter Server のスタンドアロン vCenter Single Sign-On デプロイおよび必須コンポーネントのアップグレード を参照してください。