VMware は、vCenter Server 5.x ソフトウェアおよびサードパーティ製コンポーネントを更新するサービス パックを提供しています。

vCenter Server サービス パック リリースには、vCenter Server、Inventory Service、vCenter Single Sign On および Profile-Driven Storage Service に対する更新が含まれる可能性があります。

vCenter Server 5.x サービス パックは、VMware Web サイトからご利用いただけます。サービス パックの更新プロセスでは、vCenter Server が必要とするファイルおよびレジストリ設定が更新され、更新中停止している Windows サービスが再起動されます。

vCenter Server 5.5 からそれ以降の 5.5.x バージョン、たとえばバージョン 5.5.0 から 5.5 Update 1 にアップグレードする場合は、Simple Install を使用できません。このようなアップグレードを試みると、インストーラに次のメッセージが表示されます。「vCenter Package コンポーネントは既にインストールされています。残りのコンポーネントがあればすべて、左側の対応するリンクをクリックしてインストールしてください。」これは、5.5.x バージョンの vCenter Server コンポーネントの一部が既にインストールされており、個別のインストーラを使用して他のコンポーネントすべてのアップグレードを行う必要があることを示しています。vCenter Server 5.5 からそれ移行の 5.5.x バージョンにアップグレードするには、vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、vCenter Inventory Service、vCenter Server の個別のインストーラを使用する必要があります。カスタム インストールを使用した、vCenter Server と必須コンポーネント(バージョン 5.0.x およびそれ以前)のアップグレードを参照してください。

注:

vCenter Server 5.x サービス パックは、VMware Web サイトからご利用いただけます。サービス パックの更新プロセスでは、vCenter Server が必要とするファイルおよびレジストリ設定が更新され、更新中停止している Windows サービスが再起動されます。

ユーザー アカウント制御 (UAC) を有効にして Windows Server 2008 以降に更新をインストールするには、管理者の権限が必要です。必ず、管理者レベルまで権限を上げてある管理者、または管理者グループのメンバーとしてログインする必要があります。管理者グループの権限を Windows Server 2008 の 管理者レベルに上げるを参照してください。