vCenter Server は、実行中またはサスペンド状態の仮想マシンを移行する前に、互換性チェックを実行し、仮想マシンがターゲット ホストと互換性があることを確認します。

vMotion は、実行中の状態の仮想マシンを、基盤となる ESXi システム間で転送します。ライブ移行を行うには、移行前のソース ホストのプロセッサが提供する命令セットと同じものを、ターゲット ホストのプロセッサが移行後の仮想マシンに提供することが必要です。クロック速度、キャッシュ サイズ、コア数はソース プロセッサとターゲット プロセッサ間で異なっても構いません。ただし、vMotion 互換であるためには、プロセッサが同一ベンダー (AMD または Intel) であることが必要です。

注:

仮想 ESXi ホストを EVC クラスタに追加しないでください。EVC クラスタでは、ESXi 仮想マシンはサポートされていません。

サスペンド状態の仮想マシンの移行でも、同等の命令を使用して、ターゲット ホストで仮想マシンの実行をレジュームできる必要があります。

サスペンド状態の仮想マシンの vMotion での移行または移行を開始する場合、仮想マシンの移行 ウィザードがターゲット ホストの互換性を確認し、移行を妨げる互換性の問題がある場合はエラー メッセージを表示します。

仮想マシンで実行中のオペレーティング システムとアプリケーションが使用できる CPU の命令セットは、仮想マシンがパワーオンするときに決定されます。この CPU の機能セットは、次の項目に基づいています。

  • ホスト CPU ファミリーとモデル

  • CPU の機能を無効にする可能性のある BIOS の設定

  • ホストで実行中の ESX/ESXi のバージョン

  • 仮想マシンの互換性設定

  • 仮想マシンのゲスト オペレーティング システム

異なる CPU 機能セットを持つホスト間での CPU の互換性を向上させるために、ホストを Enhanced vMotion Compatibility (EVC) クラスタに置いて、ホスト CPU の機能の一部を仮想マシンから隠すことができます。

注:

仮想マシンにカスタムの CPU 互換性マスクを適用することによって仮想マシンからホスト CPU の機能を隠すこともできますが、この方法は推奨しません。当社は、CPU ベンダーやハードウェア ベンダーとのパートナーシップを通じて、広範なプロセッサ全体で vMotion の互換性を維持できるよう努力しています。詳細については、当社のナレッジ ベースの記事 「vMotion and CPU Compatibility FAQ (vMotion および CPU の互換性に関する FAQ)」 を参照してください。