vCenter Server がログ ファイルに収集する詳細情報の量を構成できます。

始める前に

必要な権限: グローバル > 設定

手順

  1. vSphere Web Client で、vCenter Server インスタンスに移動します。
  2. 管理 タブを選択します。
  3. 設定 で、全般 を選択します。
  4. Edit をクリックします。
  5. ログ設定 を選択します。
  6. ロギング オプションを選択します。

    オプション

    説明

    なし (ログの無効化)

    ログをオフにします。

    エラー (エラーのみ)

    エラーのログ エントリのみを表示します。

    警告 (エラーおよび警告)

    警告とエラーのログ エントリを表示します。

    情報 (通常ログ)

    情報、エラー、および警告のログ エントリを表示します。

    詳細 (詳細)

    情報、エラー、警告、および詳細なログ エントリを表示します。

    一般 (拡張された詳細)

    情報、エラー、警告、詳細、および瑣末な情報のログ エントリを表示します。

  7. OK をクリックします。

タスクの結果

ログ設定の変更がすぐに有効になります。vCenter Server システムを再起動する必要はありません。