vCenter リンク モードを使用して複数の vCenter Server システムを結合すると、情報を共有できるようになります。リンク モードを使用してサーバをほかの vCenter Server システムに接続すると、その vCenter Server システムに接続して、リンクされている vCenter Server システムのインベントリを表示および管理できます。

リンク モードでは Microsoft ADAM (Active Directory Application Mode) を使用して、複数の vCenter Server システム間でデータを格納および同期します。ADAM は vCenter Server のインストール時にインストールされます。各 ADAM インスタンスには、ロールとライセンスに関する情報など、グループ内の vCenter Server システムのデータが格納されます。この情報は、接続グループ内のすべての ADAM インスタンス間で複製され、同期が保たれます。

vCenter Server システムがリンク モードで接続されている場合は、次の操作を実行できます。

  • 有効な認証情報を持つ vCenter Server システムへの同時ログイン。

  • グループ内の vCenter Server システムのインベントリ検索。

  • グループ内の vCenter Server システムのインベントリの、単一インベントリ ビューへの表示。

リンク モードで接続された vCenter Server システム間で、ホストまたは仮想マシンを移行することはできません。

リンク モード グループのトラブルシューティングの詳細については、『vSphere トラブルシューティング』 ドキュメントを参照してください。