仮想マシンを別のホストに移動し、そのディスクまたは仮想マシン フォルダを別のデータストアに移動できます。vMotion を使用すると、仮想マシンがパワーオンの状態で仮想マシンとそのディスクおよびファイルを移行することができます。

始める前に

このタスクについて

共有ストレージを使用しない環境で vMotion を実行できます。仮想マシンのディスクまたは仮想マシン フォルダの内容は、vMotion ネットワークを介して転送され、ターゲットホストとデータストアまで到達します。

ディスク フォーマットを変更しそれらを保存するには、仮想マシンのファイルおよびディスクに異なるデータストアを選択する必要があります。仮想マシンが現在存在しているデータストアと同じデータストアを選択すると、ディスク フォーマットの変更を保存できません。

手順

  1. 仮想マシンを右クリックして 移行 を選択します。
    1. 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。
    2. 関連オブジェクト タブをクリックし、仮想マシン をクリックします。
  2. ホストとデータストアの両方の変更 を選択し、次へ をクリックします。
  3. 仮想マシンの移行先リソースを選択します。
  4. 仮想マシンの移行先のホストまたはクラスタを選択し、次へ をクリックします。

    互換性の問題がある場合は、[互換性] パネルに表示されます。問題を修正するか、別のホストまたはクラスタを選択してください。

    ターゲットとして選択できるのは、ホスト、および完全に自動化されている DRS クラスタです。自動化されていないクラスタもターゲットとして選択できます。その場合、自動化されていないクラスタ内のホストを選択するよう求めるプロンプトが表示されます。

  5. 仮想マシンのディスク用のフォーマットを選択します。

    オプション

    操作

    ソースと同じフォーマット

    ソース仮想マシンと同じフォーマットを使用します。

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているあらゆるデータは、作成中には消去されませんが、あとで仮想マシンにはじめて書き込むときにオン デマンドで消去されます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは作成時に消去されます。このフォーマットでのディスクの作成には、ほかのタイプのディスクに比べて長い時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    シン プロビジョニング フォーマットを使用します。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする領域のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になると、そこに割り当てられている最大容量まで拡張できます。

  6. ストレージ ポリシーを 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから割り当てます。

    ストレージ ポリシーは、仮想マシン上で稼動するアプリケーションに必要なストレージ機能を定義します。

  7. 仮想マシン ファイルを保存するデータストアの場所を選択します。

    オプション

    操作

    すべての仮想マシン ファイルをデータストア上の同じ場所に保存。

    データストアを選択して、次へ をクリックします。

    すべての仮想マシン ファイルを同じストレージ DRS クラスタに保存。

    1. ストレージ DRS クラスタを選択します。

    2. この仮想マシンでストレージ DRS を使用しない場合は、この仮想マシンに対してストレージ DRS を無効にする を選択し、ストレージ DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    3. 次へ をクリックします。

    仮想マシン構成ファイルとディスクを別々の場所に保存。

    1. 詳細 をクリックします。

    2. 仮想マシン構成ファイルおよび各仮想ディスクについて、参照 を選択し、データストアまたはストレージ DRS クラスタを選択します。

    3. ストレージ DRS クラスタを選択したが、この仮想マシンではストレージ DRS を使用しない場合は、この仮想マシンに対してストレージ DRS を無効にする を選択し、ストレージ DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    4. 次へ をクリックします。

  8. 移行の優先順位レベルを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    最適な vMotion パフォーマンスのために CPU を予約

    vMotion で同時に実行される移行操作すべてで共有されるリソースについて、vCenter Server はソース ホストおよびターゲット ホストの両方で予約しようとします。vCenter Server はホスト CPU リソースをより多く割り当てます。十分な CPU リソースをすぐに利用できない場合、vMotion は開始されません。

    使用可能な CPU リソースで実行

    vMotion で同時に実行される移行操作すべてで共有されるリソースについて、vCenter Server はソース ホストおよびターゲット ホストの両方で予約します。vCenter Server はホスト CPU リソースをより少なく割り当てます。CPU リソースが不足している場合、vMotion の期間を延長できます。

  9. [選択の確認] ページの情報を見直し、終了 をクリックします。

タスクの結果

vCenter Server が、仮想マシンを新しいホストとストレージの場所に移動します。イベント タブには、イベント メッセージが表示されます。サマリ タブ表示されるデータは、移行全体を通してのステータスと状態を示します。移行中にエラーが発生した場合、仮想マシンは元の状態および場所に戻されます。