スケジュール設定されたワークフローの実行をサスペンドできます。また、サスペンドしたスケジュール設定タスクをレジュームすることもできます。

始める前に

Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter ServervSphere Web Client の両方がポイントしている同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。Orchestrator は、vCenter Server のエクステンションを管理する権限を持つユーザーを(ユーザー名とパスワードを入力して)指定する場合に、vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については『VMware vCenter Orchestrator のインストールおよび構成』を参照してください。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、vCenter Orchestrator をクリックします。
  2. スケジュール設定されたワークフロー をクリックします。

    スケジュール設定されたワークフローのリストが表示されます。

  3. ワークフローを右クリックし、サスペンド を選択します。

    ワークフローのスケジュールがサスペンドされます。

タスクの結果

スケジュール設定タスクの状態がサスペンド状態に変更されます。