カスタマ エクスペリエンス改善プログラム(プログラム)を選択すると、VMware は、暗号化された HTTPS 接続により、vCenter Server および ESXi ホストから週単位で匿名の情報を受信するようになります。

VMware が受信する情報の種類

このプログラムにより VMware が受信する情報には次の種類が含まれます。

esxcfg-info.xml

ESXi ホストの構成、たとえば、ESXi ホストのデータストア、ネットワーク、メモリ、および CPU などに関する情報。

Extension.json

登録済みの vCenter Server エクステンションに関する情報。このデータの詳細については、『vSphere API/SDK のドキュメント』の Extension データ オブジェクトの説明を参照してください。

AboutInfo.json

vCenter Server に関する情報。このデータの詳細については、『vSphere API/SDK のドキュメント』の AboutInfo データ オブジェクトの説明を参照してください。

performance-stats.txt

このプログラムに関するパフォーマンス メトリック。vCenter Server およびその管理下の ESXi ホストからデータを収集するために費やされる時間を含みますが、これらに限定されません。また、ESXi ホストのバージョンおよび汎用一意識別子 (UUID) に関する情報もこれに含まれます。

注:

vCenter Server にログインして次のディレクトリへ移動することにより、最近送信されたファイルをいつでも表示できます。

  • Windows 上に vCenter Server がある場合は、%ProgramFiles%\VMware\Infrastructure\ tomcat\temp\vmware-datacollector

  • vCenter Server Appliance の場合は、/var/log/vmware/vpx/tomcat/temp/vmware-datacollector

新たな週単位データ収集設定を作成すると、1 週間よりも前の収集設定は削除されます。