vMotion を使用すれば、仮想マシンを別のホストおよびデータストアに同時に移行できます。また、1 つのホストがソースとターゲットの両方のデータストアに対するアクセス権限を必要とする Storage vMotion の場合とは異なり、ストレージのアクセシビリティの境界を越えて仮想マシンを移行できます。

vSphere 5.1 以降の vMotion では、共有ストレージの環境は不要です。これは、ターゲット クラスタのマシンにソース クラスタのストレージに対するアクセス権限がないときにクロス クラスタ移行を実行する場合に有効です。vMotion を使った移行中、仮想マシンで実行しているプロセスは続行されます。

仮想マシンとそのすべてのディスクを 1 つの場所に配置することも、仮想マシン構成ファイルと各仮想ディスクを別々の場所に配置することもできます。また、シック プロビジョニングからシン プロビジョニングに、またはシン プロビジョニングからシック プロビジョニングに仮想ディスクを変更できます。仮想互換モード RDM では、マッピング ファイルを移行したり、RDM から VMDK に変換したりできます。

共有ストレージを使用しない vMotion は、共有ストレージを使用する vMotion や Storage vMotion のタスクと同様の仮想インフラストラクチャ管理タスクで役立ちます。

  • ホストのメンテナンス。仮想マシンをホストから切り離し、ホストのメンテナンスを実行できます。

  • ストレージのメンテナンスと再構成。仮想マシンをストレージ デバイスの外に移動できるので、仮想マシンのダウンタイムを発生させずに、ストレージ デバイスをメンテナンスまたは再構成できます。

  • ストレージ負荷の再配分。仮想マシンまたは仮想ディスクを別のストレージ ボリュームに手動で再配分し、キャパシティのバランスを調節したり、パフォーマンスを向上したりすることができます。