vCenter Single Sign-On 構成でドメインのアイデンティティ ソースを追加します。

始める前に

vCenter Server Appliance が正常に参加していることを確認します。

このタスクについて

詳細については、vSphere セキュリティの「vCenter Single Sign-Onでの vSphere 認証」を参照してください。

手順

  1. administrator@vsphere.local または vCenter Single Sign-On 管理者権限を持つ別のユーザーとして vSphere Web Client にログインします。

    vCenter Single Sign-On管理者権限を持つユーザーは vsphere.local ドメイン内の管理者グループに含まれます。

  2. 管理 > Single Sign-On > 構成 を選択します。
  3. アイデンティティ ソース タブで、アイデンティティ ソースの追加 をクリックします。
  4. Active Directory(統合 Windows 認証) を選択します。

    正しいドメイン名が ドメイン名 フィールドに反映されていることを確認します。

  5. 設定を迅速に行うには、マシン アカウントを使用 を選択します。
  6. OK をクリックします。