ナビゲータの代わりに、vSphere Web Client のインベントリ ツリーを使用してオブジェクトを参照して選択できます。

このタスクについて

インベントリ ツリーでは、ホストおよびクラスタ、仮想マシンおよびテンプレート、ストレージ、ネットワークという 4 つの異なるビューでオブジェクトの階層的配置が表示されます。

手順

  1. vSphere Web Client ホームで、vCenter をクリックします。
  2. インベントリ ツリー で、4 つのカテゴリの 1 つをクリックしてツリー ビューを表示します。
  3. オブジェクトの横にある三角形をクリックして、ツリーを展開して子オブジェクトを表示します。
  4. インベントリ ツリーでオブジェクトを選択し、そのオブジェクトに関する情報を中央のペインに表示します。
  5. (オプション) : 選択したオブジェクトをクリックしてオブジェクト ナビゲータに移動し、そのオブジェクトに焦点を当てます。
  6. 追加の情報とアクションにアクセスするには、中央のペインのいずれかのタブをクリックします。

    オプション

    説明

    はじめに

    概要情報を表示し、基本アクションにアクセスできます。

    サマリ

    オブジェクトの基本ステータスと構成を表示します。

    監視

    オブジェクトに関するアラーム、パフォーマンス データ、リソース割り当て、イベント、その他のステータス情報を表示します。

    管理

    設定、アラーム定義、タグ、権限を構成します。

    関連オブジェクト

    関連オブジェクトを表示します。