移行ウィザードを使用して、パワーオン状態の仮想マシンをホスト間で vMotion テクノロジーを使用して移行できます。パワーオン状態の仮想マシンのディスクを再配置するには、Storage vMotion を使用して仮想マシンを移行します。

始める前に

vMotion で仮想マシンを移行する前に、ホストと仮想マシンが vMotion での移行の要件を満たしていることを確認します。

手順

  1. 仮想マシンを右クリックして 移行 を選択します。
    1. 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。
    2. 関連オブジェクト タブをクリックし、仮想マシン をクリックします。
  2. ホストの変更 を選択し、次へ をクリックします。
  3. 仮想マシンの移行先リソースを選択します。
  4. 仮想マシンのターゲットのホストまたはクラスタを選択します。

    互換性の問題がある場合は、互換性パネルに表示されます。問題を修正するか、別のホストまたはクラスタを選択してください。

    ターゲットとして選択できるのは、ホスト、および完全に自動化されている DRS クラスタです。自動化されていないクラスタもターゲットとして選択できます。その場合、自動化されていないクラスタ内のホストを選択するよう求めるプロンプトが表示されます。

  5. 移行の優先順位レベルを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    最適な vMotion パフォーマンスのために CPU を予約

    vMotion で同時に実行される移行操作すべてで共有されるリソースについて、vCenter Server はソース ホストおよびターゲット ホストの両方で予約しようとします。vCenter Server はホスト CPU リソースをより多く割り当てます。十分な CPU リソースをすぐに利用できない場合、vMotion は開始されません。

    使用可能な CPU リソースで実行

    vMotion で同時に実行される移行操作すべてで共有されるリソースについて、vCenter Server はソース ホストおよびターゲット ホストの両方で予約します。vCenter Server はホスト CPU リソースをより少なく割り当てます。CPU リソースが不足している場合、vMotion の期間を延長できます。

  6. [選択の確認] ページの情報を見直し、終了 をクリックします。
  7. ページを確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

vCenter Server が、仮想マシンを新しいホストに移動します。イベント タブには、イベント メッセージが表示されます。サマリ タブには、移行全体を通してステータスと状態を示すデータが表示されます。移行中にエラーが発生した場合、仮想マシンは元の状態および場所に戻されます。