vCenter Server の CPU 互換性チェックでは、ソース ホストで利用可能な CPU 機能、仮想マシンが利用可能な機能のサブセット、およびターゲット ホストで利用可能な機能を比較します。EVC を使用しない場合、2 つのホストのユーザーレベルでの機能に不一致があれば、仮想マシンがそれらの機能を利用するかどうかにかかわらず、移行はブロックされます。ただし、2 つのホストのカーネルレベルの機能が不一致なために移行がブロックされるのは、仮想マシンがターゲット ホストにない機能を利用する場合に限定されます。

ユーザー レベルの機能は、仮想マシンのアプリケーションで使用される可能性がある、権限のない命令です。これには、SSE3、SSSE3、SSE4.1、SSE4.2、および AES が含まれます。これらは仮想化レイヤーをバイパスするユーザー レベルの命令であるため、vMotion で移行したあとに一致しないと、アプリケーションが不安定になる場合があります。

カーネル レベルの機能は、仮想マシンのオペレーティング システムで使用される可能性がある、権限を持つ命令です。これには、AMD No eXecute (NX) および Intel eXecute Disable (XD) というセキュリティ機能が含まれます。

vMotion で仮想マシンを移行しようとするときは、次のシナリオのいずれかが適用されます。

  • ターゲット ホストの機能セットが、仮想マシンの CPU 機能セットと一致している。CPU の互換性要件を満たしており、vMotion での移行が進行します。

  • 仮想マシンの CPU 機能セットに、ターゲット ホストがサポートしていない機能が含まれている。CPU の互換性要件を満たしておらず、vMotion での移行は進行できません。

    注:

    EVC は、クラスター内で実行中の仮想マシンすべてに「基本的な」機能を提供することでそのような非互換性を克服し、クラスター化されたホストの CPU 間の相違を仮想マシンから隠します。

  • ターゲット ホストが仮想マシンの機能セットをサポートしており、仮想マシンの機能セットにないユーザー レベルの機能 (SSE4.1 など) もサポートしている。CPU の互換性要件を満たしておらず、vMotion での移行は進行できません。

    注:

    このような種類の非互換性は、EVC クラスター内のホスト間の移行では無視されます。

  • ターゲット ホストが仮想マシンの機能セットをサポートしており、仮想マシンの機能セットにないカーネル レベルの追加機能 (NX、XD など) もサポートしている。CPU の互換性要件を満たしており、vMotion での移行が進行します。仮想マシンはパワーオンされている間、自分自身の CPU 機能セットを保持しており、元のホストに自由に移行して戻すことができます。ただし、仮想マシンを再起動すると、新しいホストから新しい機能セットを取得するため、仮想マシンを元のホストに移行しようとした場合、vMotion の互換性がなくなることがあります。