評価モードに設定することで、アセットで使用可能な機能の完全なセットを評価検討できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、インベントリ内の資産に移動します。
  2. 管理 タブで、設定 を選択します。
  3. [システム] で、ライセンス をクリックします。
  4. ライセンス キーの割り当て をクリックします。
  5. 評価モード を選択します。
  6. OK をクリックして、変更内容を保存します。

タスクの結果

アセットは評価モードになり、アセットに関連付けられた最上位の製品エディションに関連する機能のセット全体を評価検討できます。すでに評価モードでアセットを使用したことがある場合、評価期間中の残り時間は、使用済みの時間の分だけ減少します。

注:

評価期間が終了する前に、該当するライセンス キーをアセットに割り当てる必要があります。そうしなければ、アセットは未ライセンス状態になり、特定の機能がブロックされます。詳細については、ライセンスと評価期間の有効期限切れ を参照してください。