コールド移行は、オフ状態かサスペンド状態の仮想マシンの移行です。コールド移行では、データベースから別のデータベースに関連するディスクを移動できます。共有ストレージ上に配置されている仮想マシンである必要はありません。また、コールド移行を使用してデータセンター間で仮想マシンを移動することもできます。

コールド移行プロセスを開始する前に、仮想マシンをオフまたはサスペンド状態にする必要があります。サスペンド状態の仮想マシンの移行は、仮想マシンがオンであっても動作していないため、コールド移行とみなします。

仮想マシンがオフ状態で、64 ビットのゲスト OS を使用するように構成されている場合は、64 ビットのオペレーティング システムをサポートしていないホストに移行しようとすると、vCenter Server に警告が表示されます。その他、CPU の互換性チェックは、オフ状態の仮想マシンをコールド移行で移行する場合には適用されません。

サスペンド状態の仮想マシンを移行するときは、仮想マシンの新しいホストが CPU 互換性の要件を満たしている必要があります。これは、仮想マシンが新しいホストで命令の実行をレジュームできる必要があるからです。

コールド移行では、次のタスクが実行されます。

  1. 別のデータストアに移動するオプションを選択すると、NVRAM ファイル (BIOS 設定) などの構成ファイル、ログ ファイル、サスペンド ファイルは、ソース ホストからターゲット ホストの関連するストレージ領域に移動されます。仮想マシンのディスクを移動する操作も選択できます。

  2. 仮想マシンが新しいホストに登録されます。

  3. 別のデータストアに移動するオプションを選択した場合は、移行が完了したあと、ソース ホストから古いバージョンの仮想マシンが削除されます。