仮想マシン ディスクを Storage vMotion で移行するには、仮想マシンとそのホストがリソース要件および構成要件を満たしている必要があります。

Storage vMotion には、次の要件および制限事項があります。

  • 仮想マシン ディスクは、通常モードになっているか、Raw デバイス マッピング (RDM) されている。仮想互換モード RDM では、移行先が NFS データストアでない場合、マッピング ファイルを移行したり、シック プロビジョニングまたはシン プロビジョニングされているディスクを移行中に変換したりできます。マッピング ファイルを変換する場合、新しい仮想ディスクが作成され、マップされた LUN の情報がこのディスクにコピーされます。物理互換モードの RDM では、マッピング ファイルのみ移行できます。

  • VMware Tools のインストール中に仮想マシンを移行する操作はサポートされない。

  • VMFS3 データストアは大容量の仮想ディスクをサポートしていないため、2TB を超える仮想ディスクを VMFS5 データストアから VMFS3 データストアに移動することはできません。

  • 仮想マシンを実行しているホストには、Storage vMotion を含むライセンスが必要。

  • ESX/ESXi 3.5 ホストは、vMotion 用のライセンスの供与および構成が行われている。ESX/ESXi 4.0 以降のホストでは、Storage vMotion での移行を実行するのに、vMotion 用の構成は不要です。

  • 仮想マシンを実行しているホストが、ソースとターゲットの両方のデータストアにアクセスできる。

  • vMotion および Storage vMotion による同時移行数の制限については、vSphere Web Client での同時移行の制限 を参照してください。