該当するライセンス キーを取得した後、それをVirtual SAN クラスタに割り当てます。あるいは、既存の Virtual SAN ライセンス キーが vCenter Server システムのインベントリですでに利用可能な場合は、それを使用できます。

始める前に

  • 必要な権限: Global.Licenses

  • 既存のライセンス キーを割り当てる場合は、そのライセンス キーが vCenter Server システムで利用可能であることを確認します。

このタスクについて

クラスタの Virtual SAN を有効にすると、Virtual SAN を評価モードで使用してその特徴を調べることができます。評価期間は、Virtual SAN が有効になると開始され、その 60 日後に期限切れになります。Virtual SAN を使用する場合は、評価期間が期限切れになる前にクラスタのライセンス契約を行う必要があります。詳細については、『vCenter Server およびホスト管理ガイド』の「ライセンスの管理およびレポート」セクションを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN が有効なクラスタに移動します。
  2. 管理 タブで、設定 をクリックします。
  3. [構成] の下で、Virtual SAN のライセンス を選択し、ライセンス キーの割り当て をクリックします。
  4. ライセンス オプションを選択します。

    オプション

    説明

    既存のライセンス キーの割り当て

    割り当てるライセンス キーを選択して、OK をクリック

    新しいライセンス キーの割り当て

    1. ライセンス キーを入力またはコピー アンド ペーストし、そのキーの任意のラベルを入力します。

    2. ライセンス キーが正しい形式であること、また Virtual SAN に対して使用されることを確認するには、デコード をクリックします。

    3. OK をクリックします。