カテゴリを使用してタグをグループ化し、オブジェクトへのタグの適用方法を定義します。

始める前に

必要な権限:vCenter Inventory Service > vCenter Inventory Service のタギング > Inventory Service タグ カテゴリの作成 (ルート vCenter Server)。

このタスクについて

各タグは 1 つのカテゴリにのみ属している必要があります。タグを作成する前に 1 つ以上のカテゴリを作成する必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、タグ をクリックします。
  2. 項目 タブをクリックし、カテゴリ をクリックします。
  3. [新しいカテゴリ] アイコンをクリックします。
  4. カテゴリ オプションを編集します。

    オプション

    説明

    カテゴリ名

    カテゴリ名は、現在選択している vCenter Server システム内で一意である必要があります。

    説明

    カテゴリの目的や用途を説明するテキストを入力できます。

    密度

    • 一度にオブジェクトに適用されるこのカテゴリのタグの数を 1 つに制限するには、オブジェクトあたりに 1 個のタグ を選択します。

      このオプションは、タグが相互に排他的なカテゴリで使用します。たとえば、High、Medium、Low というタグがある Priority というカテゴリでは、オブジェクトの優先度は 1 つに限定されるため、オブジェクトごとのタグの数は 1 つになります。

    • あるカテゴリの複数のタグを一度にオブジェクトに適用できるようにするには、オブジェクトあたりに多数のタグ を選択します。

      このオプションは、タグが相互に排他的でないカテゴリで使用します。

    カテゴリの密度を設定した後で、オブジェクトあたりに 1 個のタグオブジェクトあたりに多数のタグ に変更することはできますが、オブジェクトあたりに多数のタグオブジェクトあたりに 1 個のタグ に変更することはできません。

    関連付け可能なオブジェクト タイプ

    このカテゴリのタグをすべてのオブジェクトに割り当てられるようにするか、仮想マシンやデータストアなど、特定タイプの管理対象オブジェクトのみに割り当てられるようにするかを選択します。

    カテゴリの関連付け可能オブジェクト タイプを設定した後で、単一オブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリを、すべてのオブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリに変更することはできますが、すべてのオブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリを、単一オブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリに制限することはできません。

  5. OK をクリックします。