vCenter Server のインストール後、vCenter Server をリンク モード グループに参加させることができます。

始める前に

vCenter Server のリンク モードの前提条件 を参照してください。

注:

vCenter Server は、バージョン 5.x の vCenter Server とバージョン 5.0 より前の vCenter Server の両方を含むリンク モード グループをサポートしていません。同様に、vCenter Server は、異なる 5.x バージョンの vCenter Server または異なるバージョンの vCenter Single Sign-On を含むリンク モード グループをサポートしていません。リンク モード グループのすべての 5.x vCenter Server および vCenter Single Sign-On インスタンスを同じ 5.x バージョンにアップグレードすると再び参加できます。

手順

  1. スタート > すべてのプログラム > VMware > vCenter Server リンク モードの構成 を選択します。
  2. 次へ をクリックします。
  3. リンク モードの構成を変更 を選択し、次へ をクリックします。
  4. vCenter Server インスタンスを既存のリンク モード グループかその他のインスタンスに参加させます をクリックし、次へ をクリックします。
  5. グループのメンバーになっている任意のリモート vCenter Server インスタンスのサーバ名と LDAP ポート番号を入力し、次へ をクリックします。

    リモート サーバの IP アドレスを入力した場合、インストーラによって完全修飾ドメイン名に変換されます。

  6. vCenter Server インストーラがロールの競合を検出した場合は、競合を解決する方法を選択します。

    オプション

    操作

    はい、VMware vCenter Server に競合を解決させます

    次へ をクリックします。

    参加システム上のロール名を vcenter_namerole_name に変更します。vcenter_name はリンク モード グループに参加している vCenter Server システムの名前、role_name は元のロールの名前です。

    いいえ、手動で競合を解決します

    競合を手動で解決する方法は次のとおりです。

    1. vSphere Web Client を使用して、管理者権限で vCenter Server システムの 1 つにログインします。

    2. 競合しているロールの名前を変更します。

    3. vSphere Web Client セッションを終了し、vCenter Server のインストーラに戻ります。

    4. 戻る をクリックし、次へ をクリックします。

    競合が発生することなく、インストールが続行されます。

    競合が発生するのは、参加システムとリンク モード グループのそれぞれに、異なる権限のロールが同じ名前で存在する場合です。

  7. 終了 をクリックします。

    vCenter Server を再起動します。インベントリのサイズによって、リンク モードの変更が完了するまで数秒から数分かかる場合があります。

タスクの結果

vCenter Server インスタンスがリンク モード グループに追加されます。リンク モード グループを作成すると、vCenter Server の任意のインスタンス 1 つにログインして、グループ内のすべての vCenter Server のインベントリを表示および管理できます。1 台のマシンで変更されたグローバル データ(ユーザー ロールなど)がほかのマシンで認識できるようになるまでに数秒間かかる場合があります。この遅延は通常は 15 秒以内です。vCenter Server の新しいインスタンスが既存のインスタンスで認識されて発行されるまでには、数分間かかる場合があります。これは、グループ メンバーがグローバル データをそれほど頻繁に読み取らないためです。