タグを使用すると、メタデータを vSphere インベントリのオブジェクトに添付して、これらのオブジェクトをより並べ替えおよび検索しやすくできます。

タグとは、vSphere インベントリのオブジェクトに適用できるラベルです。タグを作成したら、そのタグをカテゴリに割り当てます。カテゴリを使用すると、関連するタグをまとめてグループ化できます。カテゴリを定義すると、そのタグを適用できるオブジェクトのタイプや、カテゴリ内の複数のタグを 1 つのオブジェクトに適用できるようにするかどうかを指定することもできます。たとえば、ゲスト OS のタイプごとに仮想マシンをタグ付けする場合、「OS」 というカテゴリを作成して、そのカテゴリが仮想マシンのみに適用され、どんな場合でも 1 つのタグしか 1 つの仮想マシンに適用できないように指定できます。このカテゴリのタグとして「Windows」、「Linux」、「Mac OS」 を作成できます。

タギングは、前のバージョンの vCenter Server にあったカスタム属性機能に代わるものです。既存のカスタム属性がある場合は、タグに変換できます。