VMware vCenter Server アプライアンスのログ ファイルとコア ファイルの NFS での保管を有効にして、VMware vCenter Server アプライアンスのファイルを NFS データストアに保管します。

始める前に

VMware vCenter Server Appliance をインストールしてデータベースを構成します。VMware vCenter Server アプライアンス用データベース設定の構成 および『vSphere Installation and Setup』ドキュメントを参照してください。

NFS サーバーのルート スクワッシングを無効にします。例えば、exportfs -vo rw,no_root_squash,sync :/share コマンドを使用します。

手順

  1. VMware vCenter Server アプライアンスの Web コンソールにログインします。
  2. (オプション) : vCenter Server タブで、サマリ をクリックします。
  3. vCenter Server の 停止 をクリックします。

    この操作により、以前のストレージの場所へのログ記入を最小限にします。

  4. vCenter Server タブで、ストレージ をクリックします。
  5. (オプション) : NFS 上へのログ ファイルの保管を有効化 を選択して、VMware vCenter Server アプライアンスのログ ファイルを保管する NFS シェアを入力します。
  6. (オプション) : NFS 上へのコア ファイルの保管を有効化 を選択して、VMware vCenter Server アプライアンスのコア ファイルを保管する NFS シェアを入力します。
  7. (オプション) : 設定のテスト をクリックして、指定された NFS シェアに VMware vCenter Server アプライアンスが正常にファイルを保管できるか確認します。
  8. 設定の保存 をクリックします。
  9. VMware vCenter Server Appliance を再起動します。