仮想マシンとは、物理コンピュータのようにオペレーティング システムとアプリケーショ ンを実行するソフトウェア コンピュータです。ハイパーバイザーは、仮想マシンを実行するためのプラットフォームとして機能し、コンピューティング リソースの統合を可能にします。

各仮想マシンには、CPU、メモリ、ハード ディスク、ネットワーク インターフェイスなど、独自の仮想 (ソフトウェア ベースの) ハードウェアがあります。

ハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアが、仮想化されたデータ センターの物理ハードウェアにインストールされ、仮想マシンのプラットフォームとして機能します。ESXi は、vSphere 環境におけるハイパーバイザーです。ハイパーバイザーは、仮想マシンの操作をサポートするために必要な場合、その仮想マシンに物理ハードウェア リソースを動的に提供します。ハイパーバイザーによって、仮想マシンは、基になる物理ハードウェアからある程度独立して機能できます。たとえば、仮想マシンの動作に影響を与えることなく、その仮想マシンを別の物理ホストに移動したり、その仮想マシンの仮想ディスクを別のタイプのストレージに移動したりできます。

仮想マシンは基になる物理ハードウェアから分離されているため、仮想化によって、CPU、メモリ、ストレージ、ネットワークなどの物理コンピューティング リソースを、仮想マシンが動的かつ柔軟に使用できるリソース プールにまとめることができます。また、vCenter Server などの管理ソフトウェアを使用すると、仮想インフラストラクチャの可用性とセキュリティを強化する、さまざまな機能を使用できます。