タグは、前のバージョンの vSphere にあったカスタム属性機能に代わるものです。既存のカスタム属性がある場合は、タグに移行できます。

このタスクについて

移行に伴って、カスタム属性名はカテゴリに変換されます。カスタム属性値はタグ名に変換されます。

手順

  1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、カスタム属性を持つオブジェクトに移動して参照します。
  2. オブジェクトの サマリ タブをクリックします。
  3. アクション > すべての vCenter アクション > カスタム属性 > カスタム属性の編集... の順に選択します。
  4. [カスタム属性の移行] ダイアログ ボックスで、移行 をクリックします。

    タグへのカスタム属性の移行ウィザードが表示されます。

  5. 手順を読んで 次へ をクリックします。
  6. 移行するカスタム属性を選択し、次へ をクリックします。

    [タグ カテゴリの作成] ページで各カスタム属性の名前が新しいタグ カテゴリとして表示されます。

  7. (オプション) : オプションを編集するカテゴリを選択します。

    オプション

    説明

    カテゴリ名

    カテゴリ名は、現在選択している vCenter Server システム内で一意である必要があります。

    説明

    カテゴリの目的や用途を説明するテキストを入力できます。

    密度

    • 一度にオブジェクトに適用されるこのカテゴリのタグの数を 1 つに制限するには、オブジェクトあたりに 1 個のタグ を選択します。

      このオプションは、タグが相互に排他的なカテゴリで使用します。たとえば、High、Medium、Low というタグがある Priority というカテゴリでは、オブジェクトの優先度は 1 つに限定されるため、オブジェクトごとのタグの数は 1 つになります。

    • あるカテゴリの複数のタグを一度にオブジェクトに適用できるようにするには、オブジェクトあたりに多数のタグ を選択します。

      このオプションは、タグが相互に排他的でないカテゴリで使用します。

    カテゴリの密度を設定した後で、オブジェクトあたりに 1 個のタグオブジェクトあたりに多数のタグ に変更することはできますが、オブジェクトあたりに多数のタグオブジェクトあたりに 1 個のタグ に変更することはできません。

    関連付け可能なオブジェクト タイプ

    このカテゴリのタグをすべてのオブジェクトに割り当てられるようにするか、仮想マシンやデータストアなど、特定タイプの管理対象オブジェクトのみに割り当てられるようにするかを選択します。

    カテゴリの関連付け可能オブジェクト タイプを設定した後で、単一オブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリを、すべてのオブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリに変更することはできますが、すべてのオブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリを、単一オブジェクト タイプと関連付けられるカテゴリに制限することはできません。

  8. (オプション) : 属性を編集するタグを選択します。

    オプション

    説明

    名前

    タグ名は、リンクされたすべての vCenter Server システム間で一意である必要があります。

    説明

    タグの目的や用途を説明するテキストを入力できます。

  9. 終了 をクリックします。

タスクの結果

選択したカスタム属性がカテゴリとタグに変換されます。