vCenter Server から管理対象ホストを削除して、このホストに対する vCenter Server の監視および管理をすべて停止できます。

始める前に

NFS マウントがアクティブであることを確認します。NFS マウントが応答しないと、操作は失敗します。

必要な権限:ホスト > 構成 > メンテナンス

このタスクについて

可能であれば、接続中に管理対象ホストを削除します。接続されていない管理対象ホストを削除しても、管理対象ホストから vCenter Server エージェントは削除されません。

手順

  1. vSphere Web Client クライアントで、vSphere インベントリからホストに移動します。
  2. (オプション) : ホストがクラスタの一部である場合は、メンテナンス モードにする必要があります。
    1. 管理対象ホストを右クリックして メンテナンス モードへの切り替え を選択します。

      そのホストがメンテナンス モードになるように、ホスト上のすべての仮想マシンをパワーオフする必要があります。

      DRS が有効なクラスタ内にホストが置かれている場合、DRS は vMotion を使用して、パワーオン状態の仮想マシンをそのホストから自動的に退避させようとします。

    2. 確認ダイアログ ボックスで はい をクリックします。

      ホストのアイコンが変わり、名前にメンテナンス モードを示す言葉が括弧書きで追加されます。

  3. ホストを右クリックして、すべての vCenter アクション > インベントリから削除 を選択します。
  4. 表示される確認のダイアログ ボックスで はい をクリックして、管理対象ホストを削除します。

タスクの結果

vCenter Server によって管理対象ホストとそれに関連する仮想マシンがインベントリから削除されます。vCenter Server は次にそのホストに割り当てられていたライセンス キャパシティを解放します。ホストはその割り当てられたライセンス キーを保持します。