ホットまたはコールド移行を使用して、ホストまたはストレージの場所から別の場所に仮想マシンを移動することができます。たとえば、vMotion を使用すると、パワーオン状態の仮想マシンをホストから切り離して、メンテナンス、負荷の分散、相互に通信する仮想マシンの共存配置、仮想マシンを分離することによる障害ドメインの最小化、新しいサーバ ハードウェアへの移行などを行うことができます。

コールドまたはホット移行を使用して、仮想マシンを別のホストやデータストアに移動することができます。

コールド移行

パワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンを新しいホストに移動できます。オプションで、パワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンの構成ファイルとディスク ファイルを新しいストレージの場所に再配置できます。また、コールド移行を使用してデータセンター間で仮想マシンを移動することもできます。コールド移行を実行するには、手動で仮想マシンを移動するか、スケジュール タスクを設定できます。

ホット移行

vMotion または Storage vMotion など、使用する移行タイプに応じて、パワーオン状態の仮想マシンを別のホストに移動したり、仮想マシンの可用性を損なうことなくそのディスクまたはフォルダを別のデータフォルダに移動することができます。vMotion はライブ移行またはホット移行とも呼ばれます。

パワーオン状態の仮想マシンをデータセンターから別のデータセンターに移動することはできません。

注:

仮想マシンをコピーすると、新しい仮想マシンが作成されますが、これは移行の一種ではありません。仮想マシンのクローン作成または仮想マシンのディスクおよび構成ファイルのコピーによって、新しい仮想マシンが作成されます。クローン作成は移行の一種ではありません。

vCenter Server には、次の移行オプションがあります。

ホストの変更

仮想マシンを移動しますが、そのストレージは別のホストに移動しません。コールド移行またはホット移行を使用して仮想マシンを移動できます。パワーオン状態の仮想マシンを別のホストに移動するには、vMotion を使用します。

データストアの変更

仮想ディスクと構成ファイル、またはそれらの組み合わせを含め、仮想マシンとそのストレージを同じホストの新しいデータストアに移動します。コールドまたはホット移行を使用してデータストアを変更できます。パワーオン状態の仮想マシンとそのストレージを新しいデータストアに移動するには、Storage Migration を使用します。

ホストとデータストアの変更

仮想マシンを別のホストに移動し、そのディスクまたは仮想マシン フォルダを別のデータストアに移動します。コールドまたはホット移行を使用してホストとデータストアを変更できます。ホット移行は Storage vMotion と vMotion の組み合わせです。

2TB を超えるディスクを持つ仮想マシンを移行するには、ソースとターゲットの両方のホストで ESXi 5.5 を実行している必要があります。