VMware Tools 構成ユーティリティは、ゲスト OS で使用できるコマンドライン インターフェイスです。これを使用して、VMware Tools の設定の変更、仮想ディスクの圧縮、仮想デバイスの接続および切断をすることができます。

VMware Tools 構成ユーティリティでは、従来 VMware Tools コントロール パネルでのみ使用可能だった機能をコマンドライン インターフェイスで使用できます。このプログラムの名前は、ゲスト OS に応じて次のように異なります。

表 1. ゲスト OS 用 VMware Tools 構成ユーティリティ

ゲスト OS

ユーティリティ

Windows

VMwareToolboxCmd.exe

Mac OS X

vmware-tools-cli

VMware Tools のインストーラは、Mac OS X オペレーティング システムの PATH 環境変数を変更しないため、コマンドの前に ./ と入力する必要があります。

Linux、FreeBSD、Solaris

vmware-toolbox-cmd

詳細な使用情報と構文を表示するには、ユーティリティの help コマンドを使用してください。

VMware Tools 構成ユーティリティは、vSphere 4.1 以降に含まれています。

VMware Tools 構成ユーティリティは、次の VMware 製品に含まれます。

  • VMware vSphere 4.1 以降

  • VMware Workstation 7.0 以降

  • VMware Fusion 3.0 以降

  • VMware Player 3.0 以降

  • VMware ACE 2.6 以降