仮想マシンをサポートするインフラストラクチャは、最低でも仮想レイヤーと管理レイヤーという、2 つのソフトウェア レイヤーから構成されます。vSphere では、ESXi が仮想化機能を提供し、ホストのハードウェアを集約して、リソースの正規化セットとして仮想マシンに提示します。vCenter Server が管理する ESXi ホスト上で仮想マシンを実行できます。

vCenter Server では、複数のホストのリソースをプールして管理し、物理および仮想インフラストラクチャを効果的に監視および管理できます。仮想マシンのリソースの管理、仮想マシンのプロビジョニング、タスクのスケジュール設定、統計情報ログの収集、テンプレートの作成など、さまざまなことを行えます。vCenter Server には、vSphere vMotion™、vSphere Storage vMotion、vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS)、vSphere High Availability (HA) および vSphere Fault Tolerance も用意されています。このようなサービスを利用すると、効率的で自動化されたリソース管理機能と高可用性が仮想マシンに提供されます。

VMware vSphere Web Client は、vCenter ServerESXi ホスト、および仮想マシンへのインターフェイスです。vSphere Web Client を使用すると、vCenter Server にリモートで接続できます。vSphere Web Client は、vSphere 環境のあらゆる面を管理するための主要インターフェイスです。これは、仮想マシンへのコンソール アクセスも提供します。

注:

隔離された ESXi ホストでの仮想マシンの実行については、『vSphere 単一ホスト管理』 ドキュメントを参照してください。

vSphere Web Client では、管理対象オブジェクトの編成階層がインベントリ ビューに表示されます。インベントリは、vCenter Server またはホストが、管理対象オブジェクトの整理に使用する階層構造です。この階層には、vCenter Server で監視しているオブジェクトが含まれます。

vCenter Server の階層では、データ センターが ESXi ホスト、フォルダ、クラスタ、リソース プール、vSphere vApp、仮想マシンなどの主要コンテナになっています。

データストアは、データ センター内の基盤となる物理ストレージ リソースを仮想化したものです。データストアは、仮想マシンのファイルを保存する場所です (RAID 上の物理ディスクまたは LUN、SAN など)。データストアは、基盤となる物理ストレージの性質に左右されることなく、仮想マシンに必要なさまざまなストレージ リソースに一貫したモデルを提供します。

一部のリソース、オプション、またはハードウェアについては、それらを仮想マシンで使用できるようにするため、ホストに適切な vSphere ライセンスが必要です。vSphere のライセンスは、ESXi ホスト、vCenter Server、およびソリューションに適用されます。ライセンスは、各製品の仕様に応じて、さまざまな条件に基づきます。vSphere ライセンス管理の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』 ドキュメントを参照してください。