スナップショットを削除すると、そのスナップショットはスナップショット マネージャから消去されます。スナップショット ファイルは、統合されてスナップショット ディスクに書き込まれ、仮想マシンのベース ディスクにマージされます。

スナップショットを削除しても、仮想マシンの現在の状態や、変更されていないほかのスナップショットは変わりません。スナップショットを削除すると、スナップショットと前回のディスク状態との差分が統合され、削除されたスナップショットに関する情報がある差分ディスクからすべてのデータが親ディスクに書き込まれます。ベース親スナップショットを削除すると、すべての変更内容は、ベース仮想マシン ディスクにマージされます。

スナップショットの削除には大量のディスクの読み書きが伴うため、統合が完了するまで仮想マシンのパフォーマンスが低下することがあります。スナップショットを統合すると冗長ディスクが削除されます。これにより、仮想マシンのパフォーマンスが向上し、ストレージ領域を節約できます。スナップショットの削除とスナップショット ファイルの統合にかかる時間は、最後にスナップショットを作成してからゲスト OS が仮想ディスクに書き込んだデータの量によって異なります。必要な時間は、統合中に仮想マシンが書き込むデータの量に比例します (仮想マシンがパワーオン状態の場合)。

1 つまたはすべてのスナップショットを削除する際にディスクの統合に失敗し、仮想マシンのパフォーマンスが低下した場合は、仮想マシンのリストを表示して、統合が必要なファイルがないかどうかを判断できます。そのようなファイルがある場合は、統合操作を別途実行します。複数の仮想マシンの統合状態を表示して判別し、統合操作を別途実行する方法については、vSphere Web Client でのスナップショットの統合 を参照してください。

削除

スナップショット ツリーから 1 つの親スナップショットまたは子スナップショットを削除するには、削除 オプションを使用します。削除 により、スナップショットと前回の差分ディスクの状態との差分が親スナップショットに書き込まれます。

削除 オプションを使用して、破損したスナップショットとそのファイルを、親スナップショットにマージせずに、スナップショット ツリーの破棄された分岐から削除することもできます。

すべて削除

スナップショット マネージャからすべてのスナップショットを削除するには、すべて削除 オプションを使用します。すべて削除 により、スナップショットと前回の差分ディスクの状態との差分が統合されてベース親ディスクに書き込まれ、ベース仮想マシン ディスクにマージされます。

アップデートやインストールに失敗した場合などに、スナップショット ファイルが親スナップショットとマージされないようにするには、まず 移動 コマンドを使用して、前回のスナップショットにリストアします。この操作により、スナップショットの差分ディスクが無効にされ、メモリ ファイルが削除されます。続いて、削除 オプションを使用して、スナップショットとそれに関連するファイルを削除します。