カスタム Sysprep 応答ファイルは、コンピュータ名、ライセンス情報、およびワークグループまたはドメインの設定など、いくつものカスタマイズ設定を保存するファイルです。ゲストのカスタマイズ ウィザードで多数の設定を指定する代わりに、カスタム Sysprep 応答ファイルを指定できます。

始める前に

カスタマイズの要件をすべて満たしていることを確認します。ゲスト OS のカスタマイズ要件 を参照してください。

このタスクについて

Windows Server 2003 および Windows XP は、sysprep.inf と呼ばれるテキスト ファイルを使用します。Windows Server 2008、Windows Vista、および Windows 7 は、sysprep.xml と呼ばれる XML ファイルを使用します。これらのファイルは、テキスト エディタを使用して作成するか、Microsoft Setup Manager ユーティリティを使用して生成することができます。カスタム Sysprep 応答ファイルの生成方法の詳細については、関連するオペレーティング システムのドキュメントを参照してください。

Windows が元の仮想マシンと同一のセキュリティ ID(SID)を持つ新しい仮想マシンまたはテンプレートを割り当てないように設定できます。これらのコンピュータが 1 つのドメイン内にあり、ドメイン ユーザー アカウントのみが使用される場合、SID が重複していても問題が発生することはありません。しかし、これらのコンピュータがワークグループの一部であったり、ローカル ユーザー アカウントを使用したりする場合、SID が重複しているとファイル アクセス コントロールが危険にさらされる場合があります。詳細は、Microsoft Windows オペレーティング システムのドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client の [ホーム] インベントリ ページで、ルールおよびプロファイル > カスタマイズ仕様マネージャ を選択します。
  2. 新規仕様の作成 アイコンをクリックします。
  3. ゲストのカスタマイズ ウィザードで、ターゲット仮想マシンの OS メニューから Windows を選択します。
  4. (オプション) : カスタム Sysprep 応答ファイルの使用 を選択します。
  5. カスタマイズ仕様情報で、仕様の名前とオプションの説明を入力し、次へ をクリックします。
  6. Sysprep 応答ファイルをインポートまたは作成するためのオプションを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    Sysprep 応答ファイルのインポート

    参照 をクリックして、ファイルを参照します。

    Sysprep 応答ファイルの作成

    テキスト ボックスにファイルの内容を入力します。

  7. ゲスト OS に適用するネットワーク設定のタイプを選択します。

    オプション

    操作

    標準設定

    標準設定 を選択して 次へ をクリックします。

    vCenter Server によって、すべてのネットワーク インターフェイスがデフォルト設定を使用して DHCP サーバから構成されます。

    カスタム設定

    1. カスタム設定 を選択して 次へ をクリックします。

    2. 仮想マシンのネットワーク インターフェイスごとに、省略符号ボタン (...) をクリックします。

    3. IP アドレスとほかのネットワーク設定を入力して、OK をクリックします。

    4. すべてのネットワーク インターフェイスが構成されたら、次へ をクリックします。

  8. [新規セキュリティ ID (SID) の生成] を選択し、次へ をクリックします。

    Windows セキュリティ ID (SID) は、一部の Windows オペレーティング システムで、システムおよびユーザーを一意に識別するために使用されます。このオプションを選択しない場合、新規仮想マシンの SID は、クローン作成やデプロイに使用した仮想マシンまたはテンプレートと同じ SID になります。

  9. 終了 をクリックして、変更内容を保存します。

タスクの結果

作成したカスタマイズ仕様は、カスタマイズ仕様マネージャに一覧表示されます。仕様を使用して、仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズできます。