物理デバイスを変更して、仮想デバイス ノードを構成できます。これは、既存のデバイスが必要でなくなり、別のデバイスに接続する場合に役立ちます。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオフします。

  • 必要な権限:仮想マシン > 構成 > Raw デバイス

このタスクについて

データの輻湊を防ぐため、SCSI デバイスをデフォルト以外の SCSI コントローラおよび仮想デバイス ノードに割り当てることができます。新しいデバイスは、デフォルトの SCSI コントローラ上の使用できる最初の仮想デバイス ノード (たとえば (0:1) など) に割り当てられます。さらにコントローラを追加しないかぎり、デフォルトの SCSI コントローラのデバイス ノードのみが使用可能です。

SCSI コントローラおよび仮想デバイス ノードの動作については、SCSI および SATA ストレージ コントローラの条件、制限事項、互換性 を参照してください。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで、SCSI デバイス を展開します。
  3. 接続 ドロップダウン メニューで、接続先の物理 SCSI デバイスを選択します。
  4. (オプション) : 仮想デバイス ノード ドロップダウン メニューで、仮想デバイス ノードを選択します。
  5. OK をクリックします。