ログを有効にしてログ ファイルを収集すると、仮想マシンの問題のトラブルシューティングに役立てることができます。

始める前に

必要な権限: 仮想マシン > 構成 > 設定

このタスクについて

ESXi ホストは仮想マシンのログ ファイルを、仮想マシンの構成ファイルと同じディレクトリに保存します。デフォルトでは、ログ ファイルの名前は vmware.log となります。アーカイブされたログ ファイルは vmware-n.log として保存されます。ここでは、n は 1 から始まる連続する数字になります。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想マシン オプション タブをクリックし、詳細 を展開します。
  3. [設定] 行で、ログの有効化 を選択して OK をクリックします。

タスクの結果

仮想マシンの構成ファイルと同じストレージにあるログ ファイルを表示、比較できます。