仮想マシンの vApp オプションに含まれている OVF オーサリング オプションを使用すれば、仮想マシンを OVF テンプレートとしてエクスポートする際に含めるカスタム情報を指定できます。

vApp プロパティは、vApp デプロイと自己構成の中心的概念です。vApp プロパティを使用すれば、一般的な OVF パッケージを、実行状態かつカスタム構成の vApp インスタンスに変えることができます。

実行状態の vApp に関連付けられるプロパティのセットは、vApp がデプロイされた OVF パッケージによって決まります。

  • OVF パッケージの作成時、作成者は、vApp が未知の環境で機能するために必要となるプロパティのセットを追加しています。インスタンスの場合は、ネットワーク構成が含まれるプロパティ、システム管理者の E メール アドレスが含まれるプロパティ、vApp の予想ユーザー数が含まれるプロパティなどが考えられます。

  • vApp のデプロイ時にユーザーが入力するプロパティ値もあれば、vApp のパワーオン時に vCenter Server によって構成されるプロパティ値もあります。処理方法は、プロパティ タイプと vCenter Server の構成によって決まります。

vCenter Server は、vApp をパワーオンすると、すべてのプロパティとその値が含まれる XML ドキュメントを作成します。このドキュメントは、vApp の各仮想マシンが使用できるようになっています。このドキュメントにより、仮想マシンはプロパティを独自の環境に適用させることができます。