Windows Server 2003 またはそれよりも前のゲスト OS に VMware Tools のベータ版または RC 版をインストールする場合、コンピュータのプロパティの設定を使用して、VMware Tools の自動インストールを妨害するプロンプトを抑止できます。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS に管理者でログインします。

このタスクについて

通常、VMware 製品のベータ版または RC 版に含まれている VMware Tools のバージョンには、VMware によってのみ署名されたいくつかのドライバが搭載されています。Windows Server 2003 またはそれよりも前のゲスト OS を実行している多くの仮想マシンにこれらのバージョンのいずれかをインストールする場合、またはコマンド ラインから VMware Tools をインストールする場合、署名なしドライバに関するプロンプトを抑止できます。プロンプトを抑止しないと、VMware Tools のインストール中にメッセージ ボックスが複数回表示され、継続 をクリックしてインストールを完了するよう求められます。

手順

  1. Windows Server 2003 またはそれよりも前のゲスト OS で、スタート メニューから マイ コンピューター を右クリックし、プロパティ を選択します。
  2. システムのプロパティ ダイアログ ボックスで、ハードウェア タブをクリックし ドライバの署名 をクリックします。
  3. ドライバ署名オプション ダイアログ ボックスで、無視 をクリックして OK をクリックし、再度 OK をクリックします。

タスクの結果

VMware Tools インストーラを実行したとき、ゲスト OS でプロンプトは表示されません。

次のタスク

VMware Tools をインストールします。