ゲスト OS は、CD-ROM または ISO イメージからインストールできます。CD-ROM からインストールするよりも ISO イメージからインストールする方が、通常は処理が速く、より便利です。

始める前に

  • インストール ISO イメージが、VMFS データストアまたは ESXi ホストからアクセスできるネットワーク ファイル システム(NFS)ボリューム上にあることを確認します。

  • オペレーティング システム ベンダーが提供するインストールの指示を入手していることを確認します。

このタスクについて

仮想マシンの起動シーケンスの進行が早すぎて、仮想マシンのコンソールを開いて BIOS 設定または EFI 設定に入ることができない場合、起動順序を遅らせる必要があることがあります。vSphere Web Client での、起動シーケンスの遅延 を参照してください。

手順

  1. 仮想マシンが格納されている vCenter Server システムまたはホストにログインします。
  2. インストール方法を選択します。

    オプション

    操作

    CD-ROM

    ゲスト OS のインストール CD-ROM を、ESXi ホストの CD-ROM ドライブに挿入します。

    ISO イメージ

    1. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。仮想マシンの [設定の編集] ダイアログ ボックスが開きます。仮想ハードウェア タブがあらかじめ選択されていない場合は、そのタブを選択します。

    2. CD/DVD ドロップダウン メニューから データストア ISO ファイル を選択し、ゲスト OS の ISO イメージを参照します。

  3. 仮想マシンを右クリックして、パワーオン を選択します。

    インベントリ リストの仮想マシン アイコンの隣に緑色の右矢印が表示されます。

  4. オペレーティング システム ベンダーから提供されたインストール指示に従います。

次のタスク

VMware Tools をインストールします。ゲスト OS に VMware Tools をインストールすることは重要です。ゲスト OS は VMware Tools がなくても動作しますが、それがないと重要な機能を使用できず、利便性にも欠けます。VMware Tools のインストールとアップグレードの手順については、仮想マシンのアップグレードを参照してください。