仮想マシンのクローンを作成する場合、またはテンプレートから仮想マシンをデプロイする場合は、その仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズして、コンピュータ名、ネットワーク設定、およびライセンス設定などのプロパティを変更できます。

ゲスト OS をカスタマイズすると、コンピュータ名の重複が原因で起きる競合など、同一の設定を持つ仮想マシンをデプロイするときに発生する可能性のある競合を防止するのに役立ちます。

カスタマイズ設定は、クローン作成またはデプロイ プロセス時に ゲストのカスタマイズ ウィザードを起動して、指定できます。あるいは、カスタマイズ仕様を作成できます。カスタマイズ仕様は、vCenter Server データベースに格納されるカスタマイズ設定です。クローン作成またはデプロイ プロセス時に、新規仮想マシンに適用するカスタマイズ仕様を選択できます。

カスタマイズ仕様マネージャを使用して、ゲストのカスタマイズ ウィザードで作成したカスタマイズ仕様を管理します。