仮想マシンを作成または編集するときに、3D グラフィックを構成して、Windows AERO、CAD、Google Earth、および他の 3D 設計、モデリング、およびマルチメディア アプリケーションを活用できます。3D グラフィックを有効にする前に、使用可能なオプションと要件をよく理解してください。

Windows デスクトップまたは Linux をゲスト OS にしている仮想マシンで、3D を有効にできます。すべてのゲストが 3D グラフィックをサポートしているわけではありません。ゲスト OS に対する 3D サポートを確認するには、『VMware 互換性ガイド』 (http://www.vmware.com/resources/compatibility)を参照してください。

VMware は、AMD および NVIDIA グラフィック カードをサポートしています。サポートされるカードについては、ベンダーの Web サイトを参照してください。グラフィック カードまたは GPU ハードウェアを使用するには、該当する VMware グラフィック ドライバをベンダーの Web サイトからダウンロードしてください。

  • NVIDIA グラフィック カード用の VMware グラフィック ドライバの詳細については、NVIDIA Web サイトを参照してください。

  • AMD グラフィック カード用の VMware グラフィック ドライバの詳細については、AMD Web サイトを参照してください。

Linux ディストリビューションには、3.2 以降のカーネルが必要です。3D を Linux ゲストで使用できない場合、Linux カーネルでドライバを使用できることを確認します。使用できない場合、最新の Linux ディストリビューションにアップグレードします。カーネルの場所は、ディストリビューションが deb または rpm のどちらに基づいているかによって異なります。

表 1. Linux ドライバの場所

VMware Linux ゲスト カーネル ドライバ

Debian フォーマット

RPM フォーマット

vmwgfx.ko

dpkg -S vmwgfx.ko

rpm -qf vmwgfx.ko

vmwgfx_dri.so

dpkg -S vmwgfx_dri

rpm -qf vmwgfx_dri

vmware_drv.so

dpkg -S vmware_drv

rpm -qf vmware_drv

libxatracker.so.1

dpkg -S libxatracker

rpm -qf libxatracker

各仮想マシンの 3D レンダリング オプションには、[ハードウェア]、[ソフトウェア]、または [自動] を選択できます。

表 2. 3D レンダリング オプション

レンダリング オプション

説明

ハードウェア

仮想マシンは、物理 GPU にアクセスできる必要があります。GPU を使用できない場合、仮想マシンをパワーオンできません。

ソフトウェア

仮想マシンの仮想デバイスはソフトウェア レンダラを使用します。GPU がある場合でも、GPU は使用しません。

自動

デフォルト設定。仮想デバイスは、物理 GPU とソフトウェア ベースのレンダリングのどちらを使用するかを選択します。システムで GPU を使用でき、仮想マシンに必要なリソースが GPU にある場合、仮想マシンはその GPU を使用します。それ以外の場合、ソフトウェアのレンダリングが使用されます。

vMotion を使用して、3D グラフィックが有効になっている仮想マシンを移行できます。3D レンダラが [自動] に設定されている場合、仮想マシンは GPU の可用性に応じて、移行先ホストの GPU またはソフトウェア レンダラのいずれかを使用します。[ハードウェア] に設定されている 3D レンダラを使用して仮想マシンを移行するには、移行先ホストに GPU がある必要があります。

仮想マシンのグループが [ハードウェア] レンダリングのみを使用するように設定できます。たとえば、CAD アプリケーションを実行する仮想マシンか、他の複雑なエンジニアリング機能を持っている場合、それらの仮想マシンに永続的で高品質な 3D の機能が必要な場合があります。そのような仮想マシンを移行する場合、移行先ホストにも GPU の機能が必要です。ホストに GPU がない場合、移行を処理することはできません。そのような仮想マシンを移行するには、それらをオフにして、レンダラの設定を [自動] に変更する必要があります。