デバイス ドライバを使用すると、マウス操作が円滑になり、フォルダ共有などの VMware の機能を利用できるようになります。また、サウンド、グラフィック、およびネットワークのパフォーマンスを向上できます。VMware Tools をカスタムでインストールまたは再インストールすると、インストールするドライバを選択できます。

VMware Tools のインストール時にインストールされるドライバは、ゲスト OS および VMware 製品によって異なります。構成要件、ベスト プラクティス、パフォーマンスなど、これらのドライバで有効になる機能についての詳細は、VMware 製品のマニュアルを参照してください。VMware Tools には次のデバイス ドライバが付属している場合があります。

SVGA ドライバ

この仮想ドライバは 32 ビット ディスプレイおよび高解像度ディスプレイを実現し、グラフィック パフォーマンスを大きく改善します。VMware Tools をインストールするときに、デフォルトの VGA ドライバは仮想 SVGA ドライバに置き換えられます。デフォルトのドライバでは、640 X 480 の解像度と 16 色のグラフィックしか実現できません。

Windows Vista 以降のオペレーティング システムを実行している Windows ゲスト OS には、VMware SVGA 3D (Microsoft - WDDM) ドライバがインストールされます。このドライバは SVGA ドライバと同じ基本的な機能を提供し、さらに Windows Aero をサポートします。

SCSI ドライバ

VMware Tools には、準仮想化 SCSI デバイスで使用する VMware 準仮想化 SCSI ドライバが含まれます。その他のストレージ アダプタ用のドライバは、オペレーティング システムにバンドルされているか、サードパーティ ベンダーから入手可能です。

たとえば、Windows Server 2008 はデフォルトで LSI Logic SAS を搭載しており、このオペレーティング システムに優れたパフォーマンスをもたらします。この場合は、オペレーティング システムに付属する LSI Logic SAS ドライバが使用されます。

準仮想 SCSI ドライバ

このドライバは VMware 準仮想化 SCSI アダプタ用です。一部の仮想アプリケーションのパフォーマンスを強化します。

VMXNet NIC ドライバ

vmxnet および vmxnet3 ネットワーク ドライバにより、ネットワーク パフォーマンスが改善します。使用するドライバは、仮想マシンでのデバイス設定の構成方法によって異なります。これらのドライバをサポートするゲスト OS については、当社のナレッジ ベースで検索してください。

VMware Tools をインストールするときに、デフォルトの vlance ドライバは VMXNet NIC ドライバに置き換えられます。

マウス ドライバ

仮想マウス ドライバは、マウスのパフォーマンスを高めます。このドライバは、Microsoft Terminal Service などの一部のサードパーティ製のツールを使用する場合に必要になります。

オーディオ ドライバ

このサウンド ドライバは、すべての 64 ビットの Windows ゲスト OS、および 32 ビットの Windows Server 2003、Windows Server 2008、および Windows Vista のゲスト OS で必要になります。

Guest Introspection

vSphere および vShield を使用する場合、VMware Tools のカスタム インストールを実行して、Guest Introspection シン エージェント コンポーネントをインストールできます。Guest Introspection では、重いエージェントなしでアンチウィルスのスキャンを実行するためにハイパーバイザーが使用されます。この方法を使用することでリソースのボトルネックの発生が防止され、メモリ使用量が最適化されます。詳細については、『vShield クイック スタート ガイド』 を参照してください。

メモリ コントロール ドライバ

このドライバはメモリのバルーニングに必要で、VMware vSphere を使用する場合に推奨されます。このドライバを使用しないと、vSphere 環境にある仮想マシンのメモリ管理機能を利用できません。

仮想マシンの自動バックアップ作成用モジュールおよびドライバ

ゲスト OS が Windows Vista、Windows Server 2003、または他のより新しい Windows オペレーティング システムの場合、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) モジュールがインストールされます。これらより前のバージョンの Windows オペレーティング システムでは、ファイルシステム Sync ドライバがインストールされます。これらのモジュールによって、vSphere と統合された外部のサードパーティ製バックアップ ソフトウェアはアプリケーションの整合性を備えたスナップショットを作成できます。スナップショットの作成中に、特定のプロセスが一時停止し、仮想マシン ディスクは静止します。

VMCI および VMCI ソケット ドライバ

仮想マシン通信インターフェイス (VMCI) ドライバは、仮想マシンと、仮想マシンが実行されているホスト間での高速かつ効率的な通信を実現します。開発者は、VMCI ソケット (vsock) インターフェイスにクライアント サーバ アプリケーションを作成して、VMCI 仮想デバイスを使用できます。