Windows ゲスト OS を実行している複数の仮想マシンに VMware Tools をインストールする場合、インストールを自動化して、コンポーネントを含めたり、除外したりするオプションを指定できます。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS に管理者でログインします。

  • コマンド ラインで setup.exe コマンドを使用して VMware Tools のインストールを実行する場合、VMware Tools の ISO イメージに仮想 CD/DVD ドライブを接続するように、仮想マシンの設定を編集します。VMware Workstation と Player では、windows.iso ファイルは Workstation または Player をインストールしたディレクトリのホスト上にあります。

  • コマンド ラインで setup.exe コマンドを使用して VMware Tools のインストールを実行する場合、VMware Tools の ISO イメージに仮想 CD/DVD ドライブを接続するように、仮想マシンの設定を編集します。VMware Workstation と Player では、windows.iso ファイルは Workstation または Player をインストールしたディレクトリのホスト上にあります。

  • MSI 引数を使用してサイレント インストールに関するオプションを指定する予定の場合、MSDN Web サイトにある Windows Installer のページに移動し、構文について理解してください。setup.exe コマンドでこれらの引数を使用するか、自動インストールおよびアップグレードの vCenter Server ダイアログ ボックスにこれらの引数を配置できます。

  • 一部の VMware Tools のコンポーネントをインストールしないようにする場合は、VMware Tools のコンポーネント名について理解し、除外するコンポーネントを指定できるようにしてください。サイレント インストールで使用される VMware Tools のコンポーネントの名前 を参照してください。

  • VMware 製品のベータ版または RC 版から VMware Tools をインストールする場合、署名なしドライバに関するプロンプトを抑止します。Vista 以前の Windows オペレーティング システムでの署名なしドライバに関するプロンプトの抑止 およびドライバのプロンプトを抑止するための、信頼できる発行元としての VMware の追加 を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリでホスト、クラスタ、またはデータセンターを選択し、仮想マシン タブをクリックします。
  2. 仮想マシンを選択し、右クリックしてから、すべての vCenter アクション > ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード を選択します。
  3. インストールまたはアップグレードの構成情報を入力します。
  4. インストール処理中に MSI 引数を追加したり、VMware Tools コンポーネントを除外したりするには、[詳細オプション] テキスト ボックスで引数とオプションを setup.exe コマンドに追加します。
    1. MSI 引数を使用して、setup.exe コマンドを入力します。
      setup.exe /S /v "/qn msi_args"

      VMware Tools のコンポーネントの一部を除外するには、ADDLOCAL および REMOVE オプションを使用します。

      setup.exe /S /v "/qn msi_args ADDLOCAL=ALL REMOVE=component"

      たとえば、このコマンドはサイレント インストールを実行し、インストール完了時の再起動を抑止します。また、このコマンドは共有フォルダ コンポーネント以外のすべてのコンポーネントをインストールします。

      setup.exe /S /v "/qn REBOOT=R ADDLOCAL=ALL REMOVE=Hgfs"

      この例は同じコマンドを示していますが、ロギングが追加されています。

      setup.exe /S /v "/qn /l*v ""%TEMP%\vmmsi.log"" REBOOT=R ADDLOCAL=ALL REMOVE=Hgfs"